一人鍋は全然わびしくない! 稲垣流すき焼きはダッチオーブンで。

肌寒くなってきたら、やっぱり鍋ですよね。鍋というと、数人で囲むものというイメージがありますが、実は一人食べにこそぴったり。気分は池波正太郎。鍋はふたつしか持ってませんが、何にでも使える頼もしい相棒。一生付き合うと思えば、少々いい鍋を買っても全然元はとれる。本日は、トマトと甘酒入りの変わりすきやきです。「もうレシピ本はいらない 人生を変える最強の食卓」、絶賛発売中。

書店では堂々とレシピ本コーナーに陳列!

「もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓」(マガジンハウス)



鍋は実は、一人で食べるのにぴったり

 みなさまこんにちは。ようやく秋晴れになったので山登りに行こうと宿を予約したら、なんと目当ての山はもう冬山で登山期間を終えていることが判明……ナンテコッタイ。もう冬がすぐそこまで来ちゃってます!

 でもまあ、冬には冬の楽しみがありますからね。
 その一つが、鍋! 好きな材料を入れて、ぐつぐつ煮て、食べる。
 これぞ「レシピ本なんていらない」料理の代表格ではないでしょうか。好きな肉やら魚やら野菜やら豆腐やらなんでも入れて、しょうゆ味やら味噌味やらキムチ味やら適当に好きな味をつければいいのです。あるいは鍋には味をつけず、それぞれの取り皿でポン酢やらゴマだれやらで好みの味にしてもいい。

 そう考えると、鍋ほど素晴らしい料理ってそうそうない気がします。

 作り方といえば材料をザクザク切るだけ。これならまさに誰が作ろうが準備は10分。子供だって作れます。各自好きなものを取って食べられるからみんなが満足。飽きることもない。わざわざ買い物に行かなくても冷蔵庫の残りで十分できちゃったりしますしね。
 いやもうね、寒い時期は毎日鍋でいいんじゃないでしょうか?

 そして、鍋ほど一人で食べるのに適した料理はないというのが私の実感でもあります。
 世間では「一人で鍋なんてワビシイ」などとおっしゃる方もいますけど、いやいや全然侘しくなんてないですよ! だって目の前の食卓でグツグツと材料が煮えて湯気が出てるって、見てるだけで幸せで楽しいじゃないですか。一人の侘しさなんて瞬時に吹っ飛びます。むしろ佗しさを感じたら鍋! っていうか鍋さえあれば一人でも強く生きていける……と、実際に一人で鍋ばかり食べている体験者が言うんだから間違いない。

 あ、微妙に話が逸れましたが本題はここから。

 鍋が美味しい大きな理由の一つは、実は「鍋」そのものによるところが大きいのではないかと思う今日この頃。
 鍋といえば、土鍋です。じんわりゆっくり火が通る。いったん温まると保温性が高い。ただただ材料を放り込んでいくだけで美味しくなるのはそのおかげなんじゃなかろうか。
 つまりは、鍋料理のメーンシェフは鍋そのものなわけです。その実力があまりにも高いので、サブシェフの人間が頑張らなくてもちゃんと美味しく出来上がる。
 で、ふと考えてみたら私の料理、今やすべてがその境地に達しているじゃないの。炒め物も、煮物も、全部鍋にお任せなのです。

鍋にまかせる

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

大反響! 目からウロコの料理術。

この連載について

初回を読む
アフロえみ子の「自由メシ!」

稲垣えみ子

アフロで無職で独身の、稲垣えみ子53歳。朝日新聞退社後、激変したのは食生活。メシ、汁、漬物を基本に作る毎日のごはんは、超低予算ながら、本人はいたって満足。冷蔵庫なし、ガスコンロは一口、それでもできる献立とは!? レシピ本不要、作り置き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

taki_tsubo  甘酒があったので、それも入れてみました。砂糖を入れるよりずっと優しい味になります。鍋に甘酒、なるほど 3年弱前 replyretweetfavorite

rosebourbon こういうお手軽すき焼き美味しそう。ひとりならお肉も必須ではない。 3年弱前 replyretweetfavorite

funduro 稲垣さんの道具論。シンプルな道具は飽きることなく、工夫する楽しさは陳腐化しない、と。 3年弱前 replyretweetfavorite