美術とおカネ 全解剖

第15回】工業製品から“アート”へ 脚光を浴びる日本の手仕事

手先が器用で、細かい作業が得意といわれる日本人。古くから受け継がれてきたその優れた技巧を、日本独自の芸術として昇華させ、海外に発信する取り組みが始まっている。

 焼き物、漆器、織物、彫金……。これら日本の職人技は、俗に「工芸」と総称され、日常生活で使用する器や衣類などに、職人が緻密な手作業で美術的な意匠を凝らしたものを指す。もともとは実用目的の工業製品であり、純粋な鑑賞目的の“美術品”とは違う。長い歴史を持つ工芸のことを「伝統工芸」と呼ぶが、伝統工芸を指定・管轄しているのは、実は経済産業省。工芸は“文化”ではなく、あくまでも“産業”なのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
美術とおカネ 全解剖

週刊ダイヤモンド

日本人は美術が大好きだ。広義のミュージアムには年間延べ3億人近くが訪れ、美術展には根気よく何時間も並ぶ。しかし、美の世界の裏側ではカネが行き来し、さまざまなプレーヤーがうごめいている。おカネの流れから作家の生活、歴史から鑑賞術まで網羅した。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません