イヴァンカ・トランプ初来日公演

今回のテーマは、ドナルド・トランプ米大統領の娘、イヴァンカ・トランプ。大統領に先じて来日し、連日マスコミを賑わせました。その立ち振舞だけでなく、食べたものから着ている服まで取り上げられ、まるで大物歌手の来日公演のような有様。その様子から武田砂鉄さんが感じた、日本人が持っているある"スイッチ"とは一体何でしょうか?

「ハグをするのか握手をするのか、そういったところも見どころ」

「今回、トランプ大統領がカートから降りて、ハグをするのか握手をするのか、そういったところも見どころ」(NHK・岩田明子記者)と語る様は、なんだか『テラスハウス』で恋の進展をスタジオから見守る芸能人のようだったが、率先してゴルフカートを運転しながらトランプ大統領の機嫌を保とうとする安倍首相は、気に入られようとあれこれ尽くしすぎて、スタジオにいるYOU辺りから「逆にちょっとウザくない~?」と吹っかけられるタイプに見えた。

「相変わらず蜜月だぜ」だけを伝え合いたい2人に対して、それだけでいいのかと疑問を投げかけるのがメディアの最低限の役割だとは思うのだが、Yahoo!に載っていた産経ニュース配信記事には「トランプ氏来日 和田アキ子さん、ピコ太郎さん同席を批判」とあり、コメント欄で最も賛同を得ているのが「和田が文句をいう問題ではない」なのだから、ニュースなんか読むのを止めて、晴れ渡る秋の空、ピクニックにでも出かけたくなる。

ボン・ジョヴィを見るケネディ駐日大使

2013年、東京ドームで行われたボン・ジョヴィの来日公演にライブレビューの仕事で出向くと、斜め前の席が数席空いており、開演直前に駆け込んできたのが、キャロライン・ケネディ駐日米大使(当時)だった。たくさんの護衛に囲まれているわけではなく、歴史に悪名を残すなら今しかない、と思い立ちかねない至近距離だったが、幸いにもそういう気持ちは芽生えず、ミドルテンポの楽曲であろうと、腰をシェイクしながら豪快にリズムをとるケネディの後ろ姿に目を奪われていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ta_321 思うにコレこう報道しろって言われたんじゃないかってくらいの各社横並びぶりなんだよなぁ。イヤ陰謀論ですね、ハイ。 8日前 replyretweetfavorite

aizawaaa 面白いなー。> 8日前 replyretweetfavorite

verde925 最もインパクトのあったタイトルが、日刊スポーツの「ミニスカ美脚イバンカ氏、服ミュウミュウ豚肉食べず」である。詰め込まれた情報が全てどうでもいいという皮肉の密度に圧倒された。https://t.co/nIyeyyjRA7 9日前 replyretweetfavorite

kawac ニュースメディアって何なんだろうという思いと共に、受け取る側にも問題あるんだよなぁ、と再認識させられる... - 9日前 replyretweetfavorite