男は楽でいいな」という女、「女は楽でいいな」という男

先日、数人の男女で食事をしたという牧村さん。会話をじーっと聞いていると、あることに気づいたのだそう。そこから、誰かを妬まずに幸せな人生を目指していくためにはどうしたらいいのか、深く考えていきます。


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

先日、取材先でこんな会話があった。

数人の男女で食事していて、海外一人旅についての話題になった時のことだ。

「いやあ、女性って、ほんと身軽に海外へ行きますよねえ」

「語学ができる人も多いし、基本、コミュニケーション能力高いしね」

「いやいや、男性の方が身軽でしょ。襲われるリスクも少ないし、ナメられにくいし」

「でも、女性の方が優しくしてもらえるでしょ? 」

「優しくするふりして近寄って来るやつが、危害を加えてくるんですよ。私も危ない目に遭いましたもん。男だったらこんな目に遭わなかったのにって思った」

会話をじーっと聞いていて、私は、あることに気がついた。

「なんか、女性の方は『男性のほうがいい』って言うし、男性の方は『女性のほうがいい』って言ってませんか? それぞれ、『異性の方が恵まれてる』って言ってますよね」

ハハッ、ってなって、シーンとなった。

(やっべえ、私コミュニケーション能力低いのかな。女だけど)って思った。

隣の芝は青く見える、ということわざがあるが、そういう感じで、異性の人生は恵まれて見えるのかもしれない。

そりゃそうだろう。

だって……

「あいつらばっかり恵まれて不公平だ」っていうふうに人々を見てしまった時点で、そもそもその人たちの辛さや苦労に想像を巡らせていないということだもの。

「レディースデーだの女性専用車両だの、女ばっかりいい思いする社会だ!」と言う男性は、「女性だから」という理由で役職に就けなかったり、賃金差別を受けたり、公共交通機関内での性暴力(なぜか痴漢とかいうライトな名前で呼ばれる)に晒されたり、保険の女性疾病特約に毎月数千円多く支払ったり、社則で強制されているアホみたいに薄く脆いストッキングを何枚も伝線させて何度も自腹切ったり、女性の一人暮らしを狙う犯罪被害に遭って高い物件に高い家賃をヒーヒー言いながら払う羽目になったりしたことがないのだろう。

「出世しやすくて、体も強くて鍛えやすい、男ばっかりいい思いする社会だ!」と言う女性は、男同士の出世争いやプライドのぶつかり合いに苦しんだり、運動が好きじゃないことがモテないことに直結する感じの空気の中でいやいや筋トレをしたり、本当は別に働きたくないでござるなのになんとか家の大黒柱だのなんとか家のあと取りだのみたいなポジションを引き受けなければならなかったり、男は泣くなと言われたり、女性の容姿を笑うのは失礼だけど男のハゲは笑いのネタにしていいみたいな空気の中で上司に作り笑いしたりしたこともないのだろう。

そして、こうした「男は○○〜」「女は○○〜」みたいなトークになんの違和感もなく入れる、自らを疑いなく男もしくは女と認識できていて男女二元論にもすんなり乗っかれる人たちは、そういう「世の中は男と女でできてる」みたいな空気の中を、無性・中性・間性・場合によって揺らぐ性・男でも女でもない性・男でも女でもある性などなどで生きることの喜びにも苦しみにも想像が及ばないのだ。

人生、別に、それぞれ辛い。そして、それでも幸せを目指す。

何が辛くて、何が幸せかは、個々人によって全然違うものだ。慣用句として「女の幸せ」とか呼ばれるようなものが、全ての女性にとっての幸せであるわけがない。「男の方が辛い」「いや、女の方が辛い」「男の方が幸せ」「いや、女の方が幸せ」みたいな、男vs女の世界観は、あまりにも雑なのでは、と私は思う。

にもかかわらず、冒頭のような、「男はつらいよ」「いや、女のほうがつらいよ」みたいな言い合い、ほんと、あっちこっちで聞くなあ、って思う。興味深いことに、「私たち女性の方が幸せ〜!」「いやいや、俺たち男の方が幸せ〜!」みたいな、「どっちの方が幸せか」合戦になっているのを見たことは、私は、ない。

なんでだろう?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

arutoxun |ハッピーエンドに殺されない|牧村朝子|cakes(ケイクス) https://t.co/jG9oMxD7b4 6ヶ月前 replyretweetfavorite

yusuyoshiharu 医科大女子学生への不正みたいに 女性差別ばかりに性差別への認… https://t.co/4Fe83ivPAp 7ヶ月前 replyretweetfavorite

purple390390 「そっか…。」って思いながら。 互いによく知らないから、羨ましく思うときがあるんだな…。 https://t.co/U2aYHBXFwV 1年以上前 replyretweetfavorite

honey3322 これ言ってた時あります、、。想像力。 1年以上前 replyretweetfavorite