美術とおカネ 全解剖

第10回】[贋作のミステリアスな世界]浜の真砂は尽くるとも 世に贋作の種は尽くまじ

誰でも、最初は先達の作品(美術品)を模倣することから始める。美術品のコピーを制作するだけなら犯罪にはならないが、「贋作」を販売すれば、立派な詐欺行為となる。とはいえ、おカネが動機とは限らない、贋作者たちの屈折した内面に秘められた心理に迫った。

 頭に青いターバンを巻いた少女がこちらを見詰める「真珠の耳飾りの少女」などの作品で知られるヨハネス・フェルメール(1632~75年)は、17世紀のオランダを代表する画家である。緻密な空間の構成と光を取り入れた巧みな質感の表現は、現代の日本でも人気が高い。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
美術とおカネ 全解剖

週刊ダイヤモンド

日本人は美術が大好きだ。広義のミュージアムには年間延べ3億人近くが訪れ、美術展には根気よく何時間も並ぶ。しかし、美の世界の裏側ではカネが行き来し、さまざまなプレーヤーがうごめいている。おカネの流れから作家の生活、歴史から鑑賞術まで網羅した。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません