ブレードランナー 2049』 私は何者で、どこからやってきたのか

『ブレードランナー』の続編『ブレードランナー 2049』が公開されました。伝説的な作品を引き継いだ本作は、何を描き出そうとしているのか? 伊藤聡さんが作品の魅力を読み解きます。

1982年に公開された、リドリー・スコット監督作品『ブレードランナー』は、当初の興行成績こそふるわなかったものの、時間をかけて支持が広がっていき、やがて80年代を代表するカルトムービーとして高い評価を得るにいたった。それまでのSF映画には決してなかった斬新な未来像が、その後の映画やアニメなどに与えた影響は計り知れない。

『ブレードランナー』劇中の設定は2019年。酸性雨が降りつづけるロサンゼルスの町並みは、空を飛ぶ車に代表されるテクノロジーの進化と同時に、アジア的な猥雑さに満ちていた。82年以降いかなるジャンルにおいても、『ブレードランナー』の影響を受けずに「未来の都市」を描けなくなったと断言しても差し支えないだろう。ここまで知名度の高い傑作の続編とはどのようなものか、映画ファンの期待も非常に高まった。今回、リドリー・スコットは製作総指揮の立場となり、監督に『メッセージ』(’16)などで知られるドゥニ・ヴィルヌーヴが起用されている。時代設定を前作から30年後の2049年とし、ロサンゼルス警察に所属する主人公K(ライアン・ゴズリング)の視点を通じて、『ブレードランナー』の「その後」を描く。

前作『ブレードランナー』は、逃亡した人造人間(レプリカント)を追跡する物語であり、その基本プロットは『ブレードランナー 2049』へと引き継がれている。レプリカントとは、人間と同じ血と骨でできた生物だが、遺伝子工学によって作られた存在である。場合によっては特定の寿命(4年)が設定されるなど、人間とは似て非なる者を指す(ロボットのように内側が機械でできているわけではない)。

『ブレードランナー』劇中、レプリカントは奴隷労働に使役させられていたが、一部が人間に反乱を起こして逃亡したため、発見して射殺する必要性が生じた。その仕事を請け負うのがブレードランナーである。4年で死んでしまうレプリカントは「より長く生きたい」といかにも人間らしい望みを抱き、レプリカントの寿命を延ばす方法を知っている可能性のある唯一の存在、タイレル社の社長タイレルに会おうと試みる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
およそ120分の祝祭 最新映画レビュー

伊藤聡

誰しもが名前は知っているようなメジャーな映画について、その意外な一面や思わぬ楽しみ方を綴る「およそ120分の祝祭」。ポップコーンへ手をのばしながらスクリーンに目をこらす――そんな幸福な気分で味わってほしい、ブロガーの伊藤聡さんによる連...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

knsw008 あぁ…あぁ…(涙) 2年弱前 replyretweetfavorite

gakumura  いくつかブレードランナー評を読んでいるが、それぞれが捉えている「この作品のテーマは〜〜」が全然異なってておもしろい。 約2年前 replyretweetfavorite