ケイクス通信

ケイクス通信GW特別号・本/映画特集

今日から4連休。せっかくのお休みだけどやることのないあなたのために、ケイクス編集部がジャンル別におすすめ記事をご紹介いたします。5月3日(金)は本・映画特集。ここでご紹介する記事が取り上げている本と映画を鑑賞すれば、GWは充実間違いなしですよ!

●本

finalvent「新しい『古典』を読む」

思慮深く理知的な文章にファンが多い「極東ブログ」ブロガー・finalventさんが、時が経つにつれ読まれる機会が減っている近代以降の名著を、”新しい「古典」”として読み返す試み。finalventさんの深い洞察に触れることで、本の面白さが何十倍にも増幅します。現在は「村上春樹の読み方」と題して、初期四部作を書評中。

【第20回】村上春樹の読み方『風の歌を聴け』前編

【第23回】村上春樹の読み方『1973年のピンボール』前編

新刊『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』のお供にいかがでしょうか?

山形浩生「新・山形月報!」

経済、文学、コンピュータなどの多方面で活躍をする山形浩生氏が、読んだ本、気になる現象について語る密度の濃いレポート。スモールネットワーク理論からヴァンパイアの話につながっていったり、アベノミクスから精神科病院の実録へと話が広がったり。毎回紹介される本の膨大さ、それに加えられた山形さんのコメントに圧倒されつつ、自分の知らない世界が垣間見え、視界の広がる連載です。

ベトナムへの海外出張中に書かれた

第9回 錯視・アウトサイダー・諜報戦

や、ボストンマラソンの爆弾事件について触れられた

第14回 アベノミクス・数式・精神科病院

など、山形さんの近況も確認できますよ。

近藤正高「一故人」

ライター・近藤正高氏が、鬼籍に入られた方を取り上げ、業績、人柄、そして知られざるエピソードなどを綴ります。密度の濃い文章を読むうちに、故人がまるで親しい友人のように思えてきます。そして、毎回の最後には、大量の参考文献リストが。故人のことが気になったあなたはぜひそちらにも手を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

梨園の大スターでありながら57歳の若さでこの世を去ったあの人について語った

中村勘三郎(十八代目)—歌舞伎のタブーぎりぎりを疾走する

あらゆる毀誉褒貶を受けながらも、イギリスだけでなく世界の歴史に爪痕を残した

マーガレット・サッチャ—女王にも譲歩しなかった「鉄の女」

の回は必読です。

●映画

伊藤聡「およそ120分の祝祭  」

誰しもが名前は知っているようなメジャーな映画について、ブロガー・伊藤聡さんが、その意外な一面や思わぬ楽しみ方を教えてくれる連載です。映画好きな方に「あの映画にはこういう観方があるんだ」という驚きをもたらしてくれるだけでなく、あまり映画を観ない方にも「そんな観方ができるなら、ちょっと試しに借りてこようかな?」と思わせてくれるに違いありません。GWにぴったりの連載です。

あの世界的映画に潜んだタブーを明らかにする、

バック・トゥ・ザ・フューチャー 優等生の裏側

伊藤さんのジャッキー愛がほとばしる、

プロジェクトA ジャッキーは断らない

など、あらゆる角度から楽しめる文章たちをご賞味ください。

大山くまお「説明過剰の映画たち
『おおかみこどもの雨と雪』と『踊る大捜査線』のあいだで」

ライターの大山くまおさんが、『おおかみこどもの雨と雪』と『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』を対比しつつ、昨今の日本映画の傾向を評します。多くの日本人が「おもしろい」と感動した二つの人気作には、アニメと実写という違いこそあれ、大きな共通点がありました。大山さんの意見に納得した方もぴんとこなかった方も、ぜひ一度二つの作品を鑑賞し、大山さんの問いへの自分なりの答えを吟味してみてはいかがでしょうか?

破壊屋「表現の自由を教えてくれた映画『シャブ極道』」

映画ブロガーとして名高い破壊屋さんの寄稿。なんとも物騒なタイトルの映画ですが、ブラウザを閉じるのはもったいないです。タイトルだけでなく、内容も、役所広司が「覚せい剤が地球を救う」というぶっとんだ信念のもとに立ち回りを演じるトンデモな作品ですが、その裏には、『Shall we ダンス?』顔負けの愛と感動と熱い覚悟がありました。破壊屋さんの語りに耳を傾けているうちに、めちゃくちゃ観たくなってくること間違いなしです。

 

読みたい本・観たい映画は見つかりましたでしょうか?
好みの作品があったら、ぜひチェックしてみてくださいね。
明日は「小説/漫画」特集です!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ケイクス通信

cakes編集部

ペットボトル1本分の値段で、1週間コンテンツを楽しめるプラットフォーム・cakes(ケイクス)。購読をしようか迷っている方や、購読を始めたけど何を読んでいいか迷っている方のために、cakesの最新コンテンツをご紹介していく無料連載です...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません