​男性が苦手な女性はどう克服すればいいのか

今回の「ワイングラスのむこう側」は、「男性恐怖症」という方々のお話です。女子校出身者や、女性ばかりの家に育った人の中によく現れる、男性との向き合い方がわからないという女性たち。なんとかしたいという相談を受け、林伸次さんが元「男性恐怖症」の方々に聞き取り調査してみました。

男性恐怖症だった人たちに聞いてみた

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

たまに女性から相談されることで、「私、男性恐怖症なんです」というものがあります。過去の経験やトラウマ、というほどでのものではなくて、「男性とうまくデートができない」とか、そういった方からの相談です。だいたいの理由は「ずっと女子校だった」とか「小さい頃から親に男性は怖いものだって刷り込まされた」といったことで、そういった女性の多くは男性の向き合い方がよくわからないだけで、これを克服したいって思われているようです。

確かに僕も話していて「あ、この女性、女子校出身だな」って感じるときがあります。なんとなく男性である僕との微妙な距離感があって、二人っきりになったりするとちょっとピリピリした空気が流れるんです。もちろん女子校出身ってわからないときもあるし、女子校出身者はこういうタイプと一般化するつもりはありません。ただ、男性の方も緊張すると言いますか、ちょっと構えちゃうんでしょうね。

さて、そんな男性恐怖症の女性はどうすればいいのか。僕は男性でやっぱりわからないので、「かつて男性恐怖症だった」という女性陣に聞いてみました。結論から言うと「ぶつかり稽古を重ねるしかない」のだそうです。とにかく男性って色んなタイプがいるから、ひとりひとり出会ってぶつかって慣れていくしかないそうです。そして結局は「自分で解消していくしかない問題なんだな」ってわかるそうです。

女性で40歳をこえていて、仕事ではバリバリ最前線で活躍していたり、幸せそうな家庭を持っていたりする女性から、こんな話を聞くことがよくあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yoko_ping 克服するには時間が経ちすぎてるけど、今ひたすらそれをしようともがいているワタシ。/男性が苦手な女性はどう克服すればいいのか|林伸次 @bar_bossa | 約1年前 replyretweetfavorite

HHIKARI7 どの分野においても、根性論というのは一定の価値があると思います。 男性が苦手な女性はどう克服すればいいのか|林伸次 @bar_bossa | 約1年前 replyretweetfavorite

sapporo255 何が言いたいの??? @bar_bossa | 約1年前 replyretweetfavorite

granat_san 男性が苦手な女性はどう克服すればいいのか|林伸次 @bar_bossa | 「相手が何人までなら引っかかるか」問題については理由も込みで考えた方がいいのかも知れない。 約1年前 replyretweetfavorite