第11回】 知られざる離婚調停の実態 経験者が語る条件闘争の極意

3度も調停に臨んだ“上級者”の体験談をもとに、離婚調停の実態とポイントを解説!

 相手と会話をすることもままならない状態だが、かといって家庭裁判所で調停をするのは、実態がよく分からず、どうしても尻込みしてしまう──。

 離婚や養育費、面会交流といった問題で日々悩みながらも、そうした思いからアクションを起こせないままでいる人は多いだろう。

 そうした人のために、3度も調停に臨んだ“上級者”のアラフォー男性の体験談を基にして、その実態とポイントを解説していこう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
知らなきゃ損する 夫婦の法律相談

週刊ダイヤモンド

「多くの壁や困難が待っていますが……」。結婚式のあいさつでよく聞くフレーズ通り、夫婦は多くのトラブルに巻き込まれる。カネや子ども、家、親の問題などその中身はさまざまだ。そんなとき、法律の知識があれば乗り越えられることも少なくない。今こ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません