第9回】「産んでくれたら200万円」 アプリで養子縁組をあっせん

夫婦が、虐待や経済的事情で実の親に養育を放棄された子を引き取る制度が特別養子縁組だ。近年はスマートフォンを使って養子縁組をあっせんする民間事業者も現れ、論議を呼んでいる。

 「中絶を考えられている方へ 産んでくれたら最大200万円相当の援助があります」──。特別養子縁組をあっせんする大阪市のNPO法人「全国おやこ福祉支援センター」が昨年そのホームページにアップした文言をめぐり、「人身売買だ」などの批判が殺到して“大炎上”した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
知らなきゃ損する 夫婦の法律相談

週刊ダイヤモンド

「多くの壁や困難が待っていますが……」。結婚式のあいさつでよく聞くフレーズ通り、夫婦は多くのトラブルに巻き込まれる。カネや子ども、家、親の問題などその中身はさまざまだ。そんなとき、法律の知識があれば乗り越えられることも少なくない。今こ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません