3人合わせてパフュームです♪」という言葉は、哲学の認識論の結論

哲学者カントはさらに言う。「経験を理性によって捕らえることで認識が完成する」。なるほど〜〜。経験です! 理性です! 両方合わせて認識でーす♪ っていうことですね? なんかこの言い方って、あれみたいですね。書籍『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』より特別連載。

ゾンビ先生の哲学授業 第10回「カントと普遍的真理」—後編


先生 じゃがな、そこをカントは、認識とはたしかに主観的なものにすぎないが、しかし人間はみな「人間の主観」という共通の認識の仕方を持っているはずだと主張したんじゃ。

ひろ おお。「共通の認識の仕方」! それは、「僕に見えているものは、他の人にも同じように見えている」っていうこと?

先生 そういうことじゃ。カントはこう考えた。まず、物にはその「正体」「真理」とも呼べる本当の姿がある。その本当の姿が「物自体」。ゴメちゃんで言うならば、呪滅怪怨骸鬼が物自体じゃ。

ひろ 「(仮)」ですよね? 仮にゴメちゃんの正体がその鬼だったとして、それがカントの言う「物自体」だと。

先生 ザッツライト。そして、我々はその物自体を、「人間独自の認識の仕方」で捉える。例えば「音楽のCD」を想像してみるんじゃ。CDには、0と1の二進法で構成されたデジタルのデータが書き込まれておる。そのままではただの「データが書き込まれた板」でしかないが、ところがその板をCDプレイヤーにセットしてやると、「データ」が「音」に変換され、「音楽」として我々の耳に聞こえてくる。……これは「テレビ」でも同じじゃ。わかるな?

ひろ はい。テレビも今はデジタルだから、0と1が並んだデータが東京シティスカイツリーとかから飛んできて、それを家のテレビが受信して音や映像にするんですもんね。

先生 その時、「飛んでくるデータ」を「物自体」だとすると、テレビはなんになる?

ひろ わかった。「人間独自の認識の仕方」! これがテレビですね!?

先生 そうじゃ。人間は、みな「人間独自の認識の仕方」というテレビのような道具を持っておる。受信機じゃな。そして人間である限り、その受信機を通した認識がバラバラになることはない。同じ電波を受信したテレビは、メーカーや型が違ってもみな同じ映像を映すようにな。

ひろ ほほおー、つまり、僕らはみんな同じタイプの認識の受信機を持っているから、人間であればみんな同じ認識の仕方をすると。

先生 それが「正しい認識」かは不明じゃがな。しかし「共通の認識」ではある。

ひろ ちなみに僕らの受信機って、どういうタイプなんですか? それはわからないのかな……

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

哲学を学ぶと人生が楽しくなる。ふざけたタイトルですが生きるためのヒントが詰まっています。

この連載について

初回を読む
ゾンビの哲学」に救われた僕は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。

さくら剛

さくら剛の超・哲学入門! 「とっつきにくくて、わかりにくい」、「でも、人生の役には立ちそう」。本書は、そんなやっかいな哲学を「冴えない青年“ひろ”が、古代ギリシア生まれの哲学者“ゾンビ先生”から学んでいく物語」です。哲学とは? この世...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません