ピザ2枚=1万BTC」がビットコインの最初の取引

こんにちは。大塚雄介です。ビットコインって何なの? どんな仕組みになっているの? わたしたちの生活にこれからどう関わってくるの? といったことについて、ムズかしい専門書を読まなくてもわかるよう説明していくこの連載。今回は、ビットコインの最初の取引について解説します。

前回の連載で、ビットコインに「価値」がある理由を説明しましたが、ビットコインが現実世界で価値を持ったのは、現実の「モノ」と交換できるようになってからです。

塩が貴重だった時代には、塩と何かを交換して、塩が通貨としての価値を持ちました。ビットコインも「モノ」と交換できるようになって、はじめて現金と同じ価値を持ったのです。

マイニングによってビットコインを掘り当てたといっても、それはただのデータのかたまりにすぎません。最初はそこらへんに落ちている石ころと同じで、何の価値も持ちませんでした。そのため、特定のゲームの中だけで通用する「ゲーム内通貨(ポイント)」と同じで、いきなり円やドルなどの現金に換金できたわけではありません。


「ピザ2枚=1万BTC」で最初の取引が成立

ビットコインが最初に現実世界で通用する「通貨」としての価値を持ったのは、2010年5月22日のことでした。フロリダ在住のプログラマーが「ビットコインでピザが買いたい」とビットコイン開発者のフォーラムに投稿し、それに応じたピザ屋がいて、「ピザ2枚=1万BTC」で取引が成立します。それまでただのデータにすぎなかったビットコインが、はじめて現実の「モノ」と交換でき、リアルに価値を持った瞬間です。

現在、5月22日は「ビットコイン・ピザ・デイ」と呼ばれて、ビットコイン関係者のお祭りの日になっています。

ちなみに、ピザ屋が手にした1万BTCを現在のレート(1BTC=約10万円)に換算するとおよそ10億円。とんでもない高値のピザだったことになります。ただし、そのピザ屋がその後ずっとビットコインを持っていればの話ですが。

ビットコインをピザと交換できたということは、米ドルとも交換できるということです。たとえば、「ピザ2枚=20ドル」だったとすると、この時点で「ピザ2枚=1万BTC=20ドル」という等式が成り立ちます。そして、米ドルと交換できるということは、日本円とも交換できるわけです。

仮想通貨に限らず、いったん「値」がつけば、それは経済活動に組み込まれます。たとえば、ある特定のゲームの中でアイテム交換のために使われる「ゲーム内通貨(ポイント)」も、お金を出してでもその「ゲーム内通貨」が欲しいという人がいて、それをネットオークションなどで取引できるようになれば、ただのデータに「値」がつきます。

理論上「交換できる」というだけでなく、いつでも交換可能な「場」があれば、そこに市場が立ち上がるのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

本記事は、書籍『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』(ディスカヴァー刊)の内容を一部抜粋、編集して掲載しています。

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

大塚 雄介
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2017-03-24

この連載について

初回を読む
いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

大塚 雄介

cakes読者のみなさん、はじめまして。大塚雄介です。ふだんは、仮想通貨交換取引所「coincheck」や、ビットコイン決済サービス「coincheck payment」を運営しています。ところで、最近ネットなどのニュースでビットコイ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yuki_99_s @skbtkey 10000BTCでピザ2枚... https://t.co/hJNXXSBB4b 約2年前 replyretweetfavorite

natsume_410 #スマートニュース 約2年前 replyretweetfavorite

futuernet https://t.co/Pvej9sCLR3 約2年前 replyretweetfavorite

OKU_MAYA https://t.co/La5QbOPwOe これ食べきれないな。。。 2010年5月⇒ピザ2枚=1万BTC 2017年10月⇒ピザ3,500,000枚=1万BTC ※ピザ1枚2000円計算 ※1BTC=70万計算 約2年前 replyretweetfavorite