タイに続いておすすめの移住先は、パンがおいしいあの国?

テレビ『クレイジージャーニー』でもお馴染みの旅行作家・丸山ゴンザレスさんも頻繁に訪れるという、アジアの国々。2017年9月に刊行された書籍『海外暮らし最強ナビ【アジア編】』には、タイやカンボジア、フィリピンなどに移住した人たちのリアルな声が紹介されています。
『海外暮らし最強ナビ【アジア編】』の編者であり、タイに10年住んでいたこともある室橋裕和さんと、丸山さんとの対談、第3弾です!

ハラル圏も攻略したうどん屋の商才にうなる

丸山ゴンザレス(以下、丸山) 『海外暮らし最強ナビ【アジア編】』の第3章では、「日本人社会が成熟しつつある国々」としてベトナム・インドネシア・マレーシア・シンガポール・台湾の5カ国を取り上げていますね。このなかで食事ランキングをつけるなら、僕は台湾とマレーシアがダントツかなぁ。

室橋裕和(以下、室橋) 僕はベトナム料理が好きですね。

丸山 ベトナムは米が主食ですが、フランスパンもおいしいですよね。インドネシアは油が合わなくて、僕は大体腹を下します。これらの国に日本人が移住する場合、一番ハードルが低いのはどこでしょうか?

室橋 ベトナムですね。タイと同じで就職先を見つけやすい。ベトナムで暮らす日本人は約1万6000人で、分布はホーチミンとハノイが半々くらいです。最近は、中部のダナンにも工業団地ができて、日本人が増えていますね。

ベトナムの活気を象徴するバイクの群れ

丸山 ベトナム暮らしのデメリットはありますか?

室橋 治安がやや悪いかな。タイやラオス、マレーシアあたりに比べると、ベトナムはがさつで荒っぽい人が多いです。良くいえばエネルギッシュ。あのエネルギーに立ち向かって日々働くのって、結構大変だと思うんですよね。

丸山 自分を高めたい人や、勝負したい人にとっては面白そうですね。

室橋 面白いと思いますよ。インドネシアも似た性質を持った国です。最近、アジアをウロウロしていて興味深い国の一つはインドネシアですね。というのは、2億5000万の人口を抱える国が、一気に経済成長を始めたから。日本ではあまり報道されないけど、インドネシアの経済はこれからすごく伸びるんじゃないかな。

丸山 インドネシアで僕が面白いと思うのは、既に完成したモノや仕組みを海外から取り入れていることですね。飲食でも、名のある日本食店ばかり進出しているじゃないですか。

室橋 インドネシアは参入障壁が高い国で、いまのところ、お金を持っている企業しか進出できないんですよ。でも、ジョコ大統領が規制を少し緩和すると言っているから、これから増えるかもしれません。

丸山 たとえ進出できたとしても、インドネシアにはハラルの問題もあるし、食の好みもはっきり分かれるから、飲食店はうまくいかないところもあるでしょうね。丸亀製麺は大当たりしましたが。

室橋 ASEANを掌握したうどん屋ですからね! あれは本当にすごいと思いますよ。カンボジアにも店がありますからね。

丸山 ケニアにもありますよ。

室橋 そうなんですか!?

丸山 はい。焼うどんですけど。

室橋 ケニア人が天ぷらとか選んでるの?

丸山 ケニア人はスープヌードルを食べないんですよ。そこで方針をパッと転換して、照り焼きチキンと焼きうどんの店にしたら大当たり。

室橋 商売上手だなぁ(笑)。インドネシアではエンタメ分野にも日本人が進出していて、今はアイドルグループのJKT48が大人気です。僕、元AKB48のメンバーで、JKTに移籍して卒業した「はるごん」(仲川遥香)のツイッターをフォローしてるんですが(笑)。彼女はいまや、インドネシアの国民的アイドルですよ。

丸山 僕が調べた範囲でも、日本人が現地芸能界に入り込んでいる率はかなり高いっすね。お笑い芸人のCOWCOWが人気だったり、バンドマンだった人がマルチタレントとして活躍していたり。オタク文化も人気があります。

室橋 インドネシアに住んでいる現地法人の社長が『海外暮らし最強ナビ【アジア編】』に書いてくれたんですが、ある日、求人情報誌に「日本人コスプレイヤー募集」という求人が載ったらしいんですよ。ギャラを払うからイベントに同行してほしい、という内容だったそうです。オタク文化がそこまで盛り上がっているのを知って、びっくりしました。

ジャカルタで進む地下鉄工事。日本の技術と資金が使われている

台湾、シンガポールへの移住はハードル高め?
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

アジア暮らしは誰にでも簡単にできます!

この連載について

初回を読む
アジア暮らしの達人に聞く、本当におススメしたい最強の移住先

丸山ゴンザレス

テレビ『クレイジージャーニー』でもお馴染みの旅行作家・丸山ゴンザレスさんも頻繁に訪れるという、アジアの国々。今回、『海外暮らし最強ナビ【アジア編】』の編集を担当した室橋裕和さんと<海外暮らしの実態って? アジアの国で就職するには?>な...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nidanida_san これは面白い。台灣は旅行には最適だが居住仕事は難易度高とか。 3年弱前 replyretweetfavorite

yoookd 英国以外どこに住むかなと空想することあるが、台湾やマレーシアもいいなあ。:「 3年弱前 replyretweetfavorite

tokuyoshikeiji 丸亀製麺ケニアで焼きうろん屋になってんだ=З 3年弱前 replyretweetfavorite

yu_llri 在越ですが、ベトナムは東南アジア1と言えるほど治安は良い。南部の方が日本人は多い。 3年弱前 replyretweetfavorite