睡眠負債」を完済するために必要なたった1つの考え方

「よりよい睡眠を取るための活動=眠活」によって、脳と体をリフレッシュさせれば、「集中力」「生産性」は大幅に改善します。好評発売中の書籍『仕事が冴える「眠活法」』より、忙しい人でもムリなく行える「眠活」を紹介! 今話題の「睡眠負債」。今回はその負債を“完済”させるために必要な考え方をご紹介します。

「短時間睡眠でも大丈夫」は思い込み

深い睡眠を効率よく取れば、短時間の睡眠でも問題なく、活動時間が増えて1日を充実させることができるなどと「短時間睡眠」をすすめるメディアがあります。「仕事ができる人は睡眠を短くし、長時間活動している」「短時間睡眠ができれば、仕事もプライベートも充実する」、そんなイメージが背景にあるように感じます。

私のクリニックを訪れる患者さんの中にも、「短時間睡眠でも眠気がなければ大丈夫ですか?」などと聞いてくる方がいます。

基本的に、必要な睡眠時間は個人差が大きく、短時間睡眠で十分な人もいれば、ある程度まとまった時間眠らないと寝不足になってしまう人もいます。

結論からいえば、その人が必要とする分だけの連続した睡眠時間を取らなければ、脳や体のメンテナンスは十分に行なわれません。

忙しくて一時的に睡眠時間を削るくらいはいいのですが、それを毎日続けるというのはまず無理です。

3〜4時間の短時間睡眠で問題ないという人はいます。いわゆるショートスリーパーです。ナポレオンやエジソンがそうだったといわれていますが、彼らはもともと睡眠時間が短くても大丈夫な体質だったということです。

逆に、10時間以上眠らないと十分に脳や体のメンテナンスができない、ロングスリーパーもいます。ロングスリーパーで有名なのがあの世紀の大天才といわれるアインシュタインです。短時間睡眠の人だけが優秀というわけではないのです。

ごく少数ではありますが、ショートスリーパーが存在するのは間違いありません。私の患者さんの中にも、ショートスリーパーの人がいることがあります。

患者さんが何時に寝て、何時に起きているのかという記録を見ていると、ごくまれにですが、平日はもちろん、休みの日でも3〜4時間ぐらいで自然に目覚める人がいるのです。そういう人に日中眠くならないのか聞いても、「昔からこうだったから」「昼寝もめったにしていない」という答えが返ってきます。

このように平日、休日関係なく短時間睡眠でも自然に目が覚めて、日中に眠気を感じることもないという人はいいのです。問題なのは、自分が「短時間睡眠でも大丈夫」と思い込んでいるだけのケースです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

記事の続きがすぐに読みたい方は、こちらの本で!

この連載について

初回を読む
仕事が冴える「眠活法」

中村真樹

「朝起きるのがつらい…」「昼食を食べた後の眠気が…」「疲れているのに眠れない…」そんな睡眠の悩みをすっきり解消させる方法を、睡眠専門クリニックの院長を務める中村真樹先生が紹介! 気軽にできるのに、効果抜群。仕事の生産性を上げる「睡眠の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

niina_noriko これです。 2年弱前 replyretweetfavorite

saibanchosa 😉👍|仕事が冴える「眠活法」 https://t.co/MQxDnzEOKy #ニュース #sougofollow #refollowALL #相互フォロー #睡眠 2年弱前 replyretweetfavorite

keijix55 最近よく寝ないと調子が悪い… → 2年弱前 replyretweetfavorite

thinktink_jp "このように平日、休日関係なく短時間睡眠でも自然に目が覚めて、日中に眠気を感じることもないという人はいいのです。問題なのは、自..." https://t.co/uc0wifrW4n https://t.co/kyuu5u6J26 #drip_app 2年弱前 replyretweetfavorite