​駆け引きのできる女性、できない女性

LINEはどれくらいの頻度で返すとか、何度目のデートでキスまでするとか、恋愛につきものなのが「駆け引き」です。駆け引きが得意なのはどんな人なのか、駆け引き上手な女性たちから林伸次さんが集めた情報を元に分析してみました。

出会ったその日に関係を持つか?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

女性のみなさん、あなたは出会ったその日のうちに男性と身体の関係になったことはありますか? あるいは、食事程度のつもりだった初めてのデートで、ついつい相手の誘いに流されてしまって最後までいったことはありますか?

「私はそんなに軽くない」とか「好きだったら別にしちゃえばいいじゃない」とか色々と意見はあると思うのですが、どうやら、「簡単にセックスを許してしまうと、その女性を軽く見てしまう」という男性は少なくないようです。

どういうわけか男性は、「一生懸命、デートを重ねて、お金や労力もつぎ込んで、やっと手に入れた女性」のことを大切に感じるようです。それを「やっぱり費用対効果なんじゃないかな」と解説する男性もいます。

すごくお金や時間をかけて探して、やっと手に入れた「激レアなモノ」をありがたく感じて、大切にしますよね。でも、全く同じモノなのに、道ばたに落ちていたり、ほとんどタダ同然で手に入ったりしたモノにはあまり愛着を感じません。女性とモノを一緒にするってすごく失礼ですが、結局はそういう心理なのじゃないかな、ってよく説明されます。

じゃあそれが男性心理だとして、女性が男性にセックスやキスを許すのって「どのタイミング」が正解なんでしょう?「3回デートしたら」とか「付き合ってくださいって言われるまでは絶対にセックスは許さないのが得策」って感じでこれも諸説あります。

あるいは「2回目のセックスを簡単に許すな」っていう説もありますよね。男性って一回その女性とセックスができたら、もう無条件に次回からはできると勘違いしているから、「じゃあホテル行こうか」とか「今日、俺んち来る?」とかって簡単に言うけど、それを断るのが「良い女の技術力」だっていうのもたまに聞きます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu 駆け引きのできる女性、できない女性 https://t.co/2ycAnVBIJt #スマートニュース 18日前 replyretweetfavorite

miuprostituee 恋愛で駆け引きするって、男も女も、お金なり、自分がしてほしいことをしてもらうなど、その相手から自分の利益を引き出そうとしている気がしてならない💦 20日前 replyretweetfavorite

nishiaratter 基本的に女性には自信をもって欲しいと思うのだけど、この理論でいくと駆け引きができない方の方が好きです(笑)→駆け引きのできる女性、できない女性|林伸次 @bar_bossa | 21日前 replyretweetfavorite

tsunaemon801 私は駆け引き出来ないタイプだけど、駆け引き出来ない女性が唯一忘れちゃいけないのは「自分の都合」で、「相手の都合」を考え出したら上手くいかなくなるんだよね。 駆け引きのできる女性、できない女性|林伸次 https://t.co/uUeUS1s69m 21日前 replyretweetfavorite