タモリはブラックホールみたいになんでも吸収して大きくなっていった

昭和から平成の芸能界を駆け抜けてきた喜劇人・小松政夫。にぎやかで元気のあった時代を自ら振り返った半生記『時代とフザケた男』を特別連載。『笑っていいとも!』出演より以前、まだ無名だったタモリと一緒に、新しい芸をバカみたいに真剣に考え、生み出していた頃のエピソードを小松政夫が綴ります。

『笑っていいとも!』は、フジテレビのプロデューサー横澤彪さんからアタシとタモリのコンビでどうかって話が来たんだけどさ。条件はなんですか?ってアタシが聞いたらさ、横澤さんが「月曜から金曜まで、朝の10時入りです」って言うから、ゴルフ行けなくなっちゃうなあと思って断っちゃった。当時のアタシはゴルフに夢中で、その頃タモリはゴルフをやらなかったんだよね。長ーい目で見たら『笑っていいとも!』があんな番組になって、タモリが国民的人気者になるなんてね、なんか不思議だよね。

 タモリとは一時ずっと一緒だったよね。素人の頃から知ってるもん。新宿に「ジャックと豆の木」っていうスナックがあってさ、知る人ぞ知る曲者業界人のたまり場を放送作家の髙平哲郎さんに紹介されてさ、早稲田を除籍になって、今は赤塚不二夫さんのところで居候している妙に面白いヤツだって。たしか髙平さんに「彼も博多です」って言われたのかな。そこはアタシも博多の男だから、地元には徹底的でこだわる。

 タモリにね、

「あんたは博多ね?福岡ね?」

 って聞いたんだ。

「博多です」

 タモリが答える。

「いいか。博多ってのは、博多山笠に出られる場所に住んでないと博多って言えないの!よーく考えて言いな」

 って、タモリに詰め寄った。

「もう一度聞くよ、あんた博多?福岡?」

「……福岡です」

 タモリ、凹んでましたけどね。アタシの中ではタモリと武田鉄矢は博多じゃない!福岡ですよ。でもね、そうはいってもどこか近いニオイを感じてたんでしょうね。アタシも喜劇役者を目指して東京に来たけど、コネもなけりゃツテもない、どうすりゃいいのさこのアタシ。てんで、車のセールスマンになってさ、社会人になって鍛えた話術や観察眼が、植木等のオヤジのもとで花開いたと思ってますからね。タモリも早稲田を除籍になって、福岡戻っていろんな職場転々として、じーっとガマンして、チャンスつかんで上京して、赤塚不二夫さんのところに居候して機会を窺っていたんだよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

NHKドラマ『植木等とのぼぜもん』が話題!高倉健、キャンディーズ、タモリ、AKB48……あのスターたちの知られざる姿を”小松の親分”が綴った

この連載について

初回を読む
時代とフザケた男~エノケンからAKB48までを笑わせ続ける喜劇人

小松 政夫

昭和から平成の芸能界を駆け抜けてきた喜劇人・小松政夫。昭和の一時期、宴会芸は「デンセンマンの電線音頭」か「しらけ鳥音頭」でした。学校では子どもたちが机の上に登って小松政夫や伊東四朗のマネをして踊った時代。それは「小松の親分」こと小松政...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tundratiger 製材所!あのネタ本当に好きだった、たまに小松政夫がいいともに来るとCM中に 9ヶ月前 replyretweetfavorite

locksley6k <いいともゲスト回よく覚えてる 9ヶ月前 replyretweetfavorite