高橋克典はパクチー好きかどうか

今回取り上げるのは高橋克典。『サラリーマン金太郎』、『特命係長只野仁』、『課長島耕作』と、人気サラリーマン漫画の実写ドラマで主演をつとめただけでなく、11枚のアルバムをリリースし仲間由紀恵とのデュエット曲を出すなど、歌手としても活躍していました。ところで、高橋克典、お好きでしょうか? ぜひこの原稿を読んで考えてみてください。

佐々木蔵之介と高橋克典を比べ続けた友人

数年前にシンガポールに移住してしまった友人女性は、とにかく佐々木蔵之介のことが大好きだった。彼の魅力を伝える時、生理的に受け付けないとする高橋克典との比較を繰り返していたのだが、佐々木と高橋をどういう座標で比べていたのかがイマイチわからなかったのだ。マッチョとか濃さとか、いくつかの克典成分を持ち出してみることはできるのだが、人が誰かのことを「克典成分薄め」で好きになるはずはない。それなのに彼女は高橋克典と比較することを止めず、その理由を細かく聞き出す前にシンガポールへ旅立ってしまった。

一体、どういった座標に、佐々木と高橋を置いたのだろう。個人的に、高橋克典に対して特段の思いはなく、多くの人が記憶しているのと同様に『サラリーマン金太郎』『特命係長 只野仁』という2つのヒットシリーズをそれなりに堪能してきた。人気がうなぎ上りの俳優が歌を出しちゃう傾向は今に続いているが、自分の学生時代、その手の俳優が「ロック好き」を標榜してくることへの嫌悪感を抱きつつも、FM yokohamaでやっていた藤木直人の番組で繰り広げられるロック談義を毎週欠かさず聞いていた歴史を隠しはしない。高橋克典の2枚目のシングルが「逆光線に射ち抜かれて」で、アクセル踏んで飛ばしているクルマの中で、逆光線に射ち抜かれて君を見失う、という歌詞だったのを知って「運転中に危ないな」と感じたことを、今改めて語るべきだとは思わない。

高橋克典への嫌悪感に悪意はない
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kyo556 相変わらず読ませる。凄まじい才能。< 1年以上前 replyretweetfavorite

_fuwafuwa_ ニヤッとしちゃったわw 1年以上前 replyretweetfavorite

hannarry なんか。。結局なんにも解決してないのになんでこんなに面白いのか。。天才。→ 1年以上前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 1年以上前 replyretweetfavorite