牛込の加寿子荘

牛込の加寿子荘」 第一回 

築40年を超える「加寿子荘」での生活風景。能町みね子の自叙伝風小説! (『少年タケシ』2010年10月更新分より)

築四十二年、牛込の加寿子荘はまだささやかに建っています。

並びの家はどれもここ数年で新しくなってしまった。同じくらい古かった隣家もついに取り壊しになり、新築されてピカピカになりました。元の住人は三階建の三階におさまり、一階と二階はマンションとなったようです。

かなり近いところで隣り合っているので、加寿子荘もその影響を受けざるをえない。私が加寿子荘に帰ってくると、隣の一階テラスの照明がセンサーだか何かを持っていて反応するらしく、共同玄関に着いたところでビカッと照らされる。気持ちのいいものではない。

加寿子荘の共同玄関を開けると右の扉は加寿子さん(大家さん)の部屋、左はどこかのマッサージ屋が倉庫代わりに借りているらしい部屋。一階の三和土でわたしは靴を脱ぎ、共同の下駄箱に入れて二階に上がります。靴が増えて、もう下駄箱の私の段はぎゅうぎゅうだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

少年タケシ

この連載について

牛込の加寿子荘

能町みね子

築40年を超える「加寿子荘」での生活風景。能町みね子の自叙伝風小説!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード