データ分析

第13回】穴の数から隠れた姿が浮かぶ 数学を使う先端データ分析

データ量が膨大になるにつれて、難易度が上がっていくデータ分析。最新の数学を応用した分析法や、今後到来する社会への対応が模索されている。データ分析の世界の最前線を追った。

 ドーナツとコーヒーカップは同じ形だ。なぜなら、穴の数が一つで同じだからだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
データ分析

週刊ダイヤモンド

身の回りのデータが増える一方で、それを活用できる人材が圧倒的に足りていない。人工知能(AI)・データ時代の本格的な到来によって、ビジネスマンに必要なスキルが様変わりしたからだ。統計学やExcel、データ分析、プログラミングに触れて、今...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません