理想の自分を作れば、理想のパートナーが寄ってくる

百鳥ユウカの父・百鳥悠次郎の住んでた平林荘に昔住んでいた女性たちは、それぞれの事情があって現在は独身だった。その中でも、一番目立つ片山智恵子は元高校教師だった。彼女が不動産投資を始めたきっかけと現在も独身でいる理由はなんなのでしょうか?

片山智恵子は昔から話を遮られるのが一番嫌だった。公立高校で教鞭をふるっていた頃も、同じことでいつも苛立っていた。地域の3番校である高校では、生徒たちが話を聞かないということは職員室でも当たり前のように受け止められていたが、他の教師はまだしも自分の話が遮られることは我慢ができなかった。

受験をしない生徒が大半を占めるクラスにとって生活に関係のない世界史の授業など、興味を持つことの方が難しいだろうが、片山智恵子にとっては、「こんなに面白いドラマになぜ興味を持てない?」ということの方が疑問だった。少なくとも自分の授業には問題はないはずだ。問題は、生徒たちの方にある。

誰しも教師になりたての頃には、どんな生徒にも可能性があって、自分が可能性の殻を破るきっかけを与えることで、成長するということを夢見ている。しかし、しばらく教師を続けていたらそんな夢は露と消えて、こう思うようになるのだ。

「人間には分相応というものがある」

頭の悪い高校にいる頭の悪い生徒には相応の人生が用意されていて、それを踏襲することに本人もなんとも思わないし、親すら異論もない。突然、変化してやる気に目覚めても、こんな地域の3番目校じゃ、本人が苦しいだけだ。

特別に「特進クラス」という名前の突発変異型の生徒の受け皿は用意するけど、多くの生徒にとっては、私の世界史の授業も特進クラスも、関係のないことだ。

ほとんどの教師はこうやって、毎日誰も聞かない授業をやってもプライドが傷つかないようにやり過ごしている。そして、それを自然なことのように受け入れていく。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sapporo255 それはない。仕事じゃないからね。 私も仕事だと選ばないパートナーと結婚した。良かったかどうかは死ぬまでわからないけど。 |菅沙絵| 3年弱前 replyretweetfavorite

SisHxxck  いま木曜日唯一のたのしみ。最近一週が短い気がして全然進展しないけど、結末をたのしみにしてる 3年弱前 replyretweetfavorite