悪性リンパ種ですので、すぐに抗がん剤治療が必要です

周囲から病院に行くことを勧められた小森谷くんは、そこでようやく、病院にかかることにする。軽い病気だろうと思っていた彼の疾患は、ホジキン病。血液のがんだったのだ。
末期がんを宣告された男性の❝ありそうでなかった❞半生を描いた、『小森谷くんが決めたこと』を特別掲載!

 ニッポンの温泉には様々な効能があるが、残念ながら万能ではない。

 温泉に行っても彼の鎖骨周辺のしこりは変化せず、さらに顎の右下に大きなしこりが発生した。

「小森谷さん、まじヤバいっすよ、それ」

「そうかな?」

 さすがにそろそろ病院に行かねば、と考えた彼は、近所の病院へ向かった。大した病気ではないと思っていた。

 年始の病院は、風邪やインフルエンザの患者でごったがえしている。

 感染症かもしれないということだったが、詳しいことはわからなかった。

 精密検査を勧められた彼は、京都市内の赤十字病院に向かう。感染症を扱う内科に行ったが何もわからず、耳鼻科や呼吸器系の内科を回ったけど何もわからなかった。

 最後に血液系の内科に行った。

「血液検査をして、それからCTスキャンを撮ります。あとは病変部位の一部を切り取って、病理検査をします」

 彼が驚くようなことを、医師はさらりと言った。

 お薬出しときますねー、というような感じを想像していたのだが、今から精密検査が始まるらしい。

 血液を抜き、巨大なドーナツの穴のような機械をくぐり、病変を切り取る手術をした。検査の結果は三週間後にでるらしい。

 病院に行った日くらい大人しくしていればいいのに、彼はそのまま劇場に向かった。仕事は休みをとっていたのだが、その日の客入りが気になっていた。

 他人から見れば明らかに深刻な状況だったのかもしれないが、彼はまだ心のどこかで、もう一回温泉に入れば治るんじゃないか、と思っていた。

 その後、温泉に日帰りで行ったが、ニッポンの温泉は万能ではないため、何も改善されなかった。

 検査結果を待つ短い間にも、しこりは大きくなっていく。

「小森谷さん、首曲がってますよ」

 劇場スタッフから指摘されたとき、やっと少し、焦るような気持ちになった。

 彼はここまできて初めて、自分で調べてみよう、と思い至った。

 首、鎖骨、しこり、などというキーワードを打ち込み、インターネットで検索してみる。

 ふむふむ、と該当ページの文字を追うと、いくつかの病気が考えられた。

 例えばウィルス感染かもしれないけど、その症状にしては、自分のしこりは大きすぎる。あとは悪性リンパ腫とも考えられる。

 だとしたら、症状はぴたりと当てはまるけれど、まさか……まさかそんなに重い病気ではないだろう……。

 悪性リンパ腫というのは、つまり血液のがんのことだ。

 リンパ系の組織から、悪性腫瘍が発生する状態らしい。

 だが実際のところ、あまり深刻に捉えていなかった。

 会社を休むこともなかったし、睡眠時間を増やすこともなかった。まだ病名がわからないのに、いろいろ考えてもしょうがないだろう……。

「病名はホジキン病です。悪性リンパ腫ですので、すぐに抗がん剤治療が必要です」

 ひんやりした柔らかな金属で、脳の後ろを直接なでられた気がした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
余命2か月といわれた男—小森谷くんが決めたこと

中村航

僕、余命2ヶ月って言われたんですよ。でも、生き残っちゃいましたけど――。末期がんを宣告された30代男性の“ありそうでなかった”半生を、「100回泣くこと」の著者・中村航が小説化!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 3年弱前 replyretweetfavorite

penguinoyaji 癌の告知を受けた時、自分は薄々気付いていたので「あぁ、やっぱり」って感じで受け止めたなぁ。 3年弱前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 3年弱前 replyretweetfavorite