役にハマる田中那衛さんが、京都でまさかのびっくり体験に!?

昭和から平成の芸能界を駆け抜けてきた喜劇人・小松政夫。にぎやかで元気のあった時代を自ら振り返った半生記『時代とフザケた男』を特別連載。今回は俳優・田中那衛さんと京都で遭遇した、ドラマよりもびっくり!のエピソードです。


 田中さんとは結構共演が多いんですよ、アタシが望んでるワケじゃないのに何かと縁がある。アタシらにとっちゃ東宝のドル箱、植木等のオヤジの映画『無責任』シリーズのライバル、加山雄三『若大将』シリーズの「青大将」なんだよね。ツッパってどこか憎めない、愛されるキャラクターなんだよね。

 倉本聰さん脚本のドラマ『北の国から』も邦衛さんと共演だった。倉本さんの作品って必ず顔合わせで、監督からスタッフまで全員で本読みするの。

「セリフはリングなんですよ、リング」

 倉本さんの確固たる理論でセリフの繫がりとみんなの和を大事にする、そんな本読みの日にね、邦衛さんは京都の太秦でヤクザ映画の撮影の帰り、肩で風切ってセリフ合わせですよ。読み終わってから倉本さんぼそっと、「邦衛さん、セリフの時、東映映画になるのやめてもらえませんか?」とひと言。

「あ!」

 素に返る邦衛さん、唇がおかしかったなあ。熱中しちゃうんだよね、役に入っちゃうというかよくも悪くも周りが見えなくなっちゃう。

『居酒屋兆治』の時も、デカい声で本番前になりきって唇とんがらかして稽古を始めるから、アタシらうるさくってかなわない。スタジオセットは寒いから〝ガンガン〟っていう一斗缶に炭を入れた暖炉でみんなが温まってたら、そこでも大声で始めちゃう。「もう少し静かにやりませんか?皆さんいらっしゃるんですから」って小さい声で言っちゃったんですよ。そしたらさ、とがった唇さらにとんがらかしてさ、

「なんだあコマツ、ずいぶんエラくなったもんだなあ!」

 肉屋の大将の役だから勢いがいい。で、本番で一発OKのイイ芝居。コレにはアタシもうなってねえ、「いやあ邦衛さん、イイ芝居でしたよ〜、先ほどは出すぎたマネして失礼しましたっ!」って素直に言ったんですヨ。そしたらさ、

「うるせえんだよぉ、おまえが余計なこと言わなきゃよぉ、もっとよかったんだよぉ!」

 まだ役が残ってるのか威勢がいい。コレにはアタシもあんまり大声なんで、まいっちゃいましてねえ、「アタシのせいですか?わかりました......皆さんの迷惑になるんで、ちょっと表で話しましょうか」

 そしたらさ、邦衛さんハッて我に返って、「あ、コマツくんそんなにコーフンしないで。怒っちゃやーよ、怒っちゃやーよ、でしょ」。冷や汗たらしてあの顔で言うもんだから、アタシも笑っちゃって、お話にもならなかった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

高倉健、キャンディーズ、タモリ、AKB48……あのスターたちの知られざる姿を”小松の親分”が綴った

この連載について

初回を読む
時代とフザケた男~エノケンからAKB48までを笑わせ続ける喜劇人

小松 政夫

昭和から平成の芸能界を駆け抜けてきた喜劇人・小松政夫。昭和の一時期、宴会芸は「デンセンマンの電線音頭」か「しらけ鳥音頭」でした。学校では子どもたちが机の上に登って小松政夫や伊東四朗のマネをして踊った時代。それは「小松の親分」こと小松政...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 3年弱前 replyretweetfavorite

s_1wk 田中那衛ってだれだよ> 3年弱前 replyretweetfavorite

safecolor 名前間違ってるけど面白い話だった。田中邦衛な。 3年弱前 replyretweetfavorite

zooiiooz 田中「邦」衛だろ…。ケイクスの中の人知らんの???? 3年弱前 replyretweetfavorite