ゲーム『Mother』の元ネタにもなった、傑作小説『悪童日記』

京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」と思う名著を選んでみた。18作目は、アゴタ・クリストフの『悪童日記』。戦火の中、たったふたりで世界を生きた双子。「結局人間って愚かなんだよな」という冷めた目線。その残酷さに背中が凍る快感。この小説を読まずに死んだらもったいないよ。【重版出来しました】『人生を狂わす名著50』より特別連載。作家、有川浩も推薦! →公開は毎週木・金です。

残酷でタフな世界を生きる小さいあなたへ

『悪童日記』アゴタ・クリストフ
(早川書房)初出1986

子どもは弱くて純粋 VS 子どもはしたたかで残酷

子どもは純粋無垢なんて思うと痛い目見ます。たったふたりで世界を生きた、この世でいちばん残酷でクールな双子の物語。#外国文学 #双子が主役 #日記体文学 #映画化(主人公の双子くんたちが良い) #戦争中の街が舞台 #処女作 #ゲーム「Mother」に影響を与えた小説としても有名 #続編『証拠』『第三の嘘』もあるよ #読んでいくうちにその残酷さで背中が凍ってくるのが快感になるからすごい


 子どもが弱くてかわいくて純粋だ、なんて誰が決めたんだろう?
 そんなことを言うのは、彼らを庇護したい支配したい大人になった証拠だ。

『悪童日記』を読むと、子どものまなざし、というものを思い出す。
 弱いからこそ、子どもたちは誰よりも残酷に世界を見る。誰にも負けないように、強くなるために。そして何より、生き残るために。

『悪童日記』は、少年たちの秘密の記録だ。
 少年というのは、戦時下、ある国で連れられてきた双子のこと。双子の母親が、「大きな町」から「小さな町」のはずれにある自分の母の家へ、彼ら双子を預けにきた。自分たちの家には、もう、子どもたちに食べさせるものがなかったから。
「魔女」と呼ばれる双子の祖母はなかなか強烈な人で、小さい子どもに対しても、人並みに働かないかぎり食事を与えない。双子は戦争中の「魔女」の家で、たくましく生きていかなくてはならなかった。
 双子はやがて農作業を覚え、独学で読み書きを覚え、互いに協力して様々な鍛錬に励む。時には盗みやゆすりも行う。他国の性倒錯者の将校に助けられたり、隣人の兎口の少女を助けたりしながら、双子はタフに生き延びていく。
 やがてこの国は他国の占領下に入る。終戦の間際、双子の母親は子どもたちを連れ亡命しようとするが、双子は拒否する。すると空から落ちてきた爆撃によって—。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

重版出来!知らない本が知れる。知っている本は、もっとおもしろくなるブックガイドです。

この連載について

初回を読む
わたしの咀嚼した本、味見して。

三宅香帆

人気連載【京大院生が選んだ「人生を狂わす」名著50】がリニューアルして再スタート! 書籍『人生を狂わす名著50』の著者であり、現役の京大院生で文学を研究し続ける24歳の三宅香帆が、食べて、咀嚼して、吐いた本の中身を紹介するブックガイドです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

32amire この連載が好き。悪童日記は映画になったときからずっと読みたい。本屋へ探しに言ったら見つからなかった…amazonかな。 約1年前 replyretweetfavorite

nakamura001 |京大院生が選んだ「人生を狂わす」名著50|三宅香帆|cakes(ケイクス) https://t.co/g4PGArx22x 約1年前 replyretweetfavorite

consaba 三宅香帆「髪に受けた愛撫だけは、捨てることができない。」残酷でタフな世界を生きる小さいあなたへ 『悪童日記』アゴタ・クリストフ|京大院生が選んだ「人生を狂わす」名著50 https://t.co/TA9ha87Vxw 約1年前 replyretweetfavorite

kinnniku01 めちゃめちゃ面白いので読んでください https://t.co/3KxDEL0min 約1年前 replyretweetfavorite