茶髪禁止には多分理由がある

大阪府羽曳野市の府立懐風館(かいふうかん)高校3年の生徒が、約220万円の損害賠償を府に求める訴えを大阪地裁に起こしたことが話題になっていますが、元国連専門機関職員で国際経験豊富な@May_Roma(めいろま)さんは、校則がある理由の背景にも目を向けるべきではないか、と説きます。

大阪府羽曳野市の府立懐風館(かいふうかん)高校3年の生徒が、約220万円の損害賠償を府に求める訴えを大阪地裁に起こしたことが話題になっていますね。地毛を黒く染めろという厳しい指導で不登校になったというのが理由です。

この生徒さんはお爺さんがアメリカ人なので地毛の色が薄かったのに、しつこく初めるようにいわれて、頭にアレルギーが出るまで染めたそうです。

元々の髪の毛の色とか肌の色を変えろって、あんたそりゃ無理だろという話で、他の国で例えば黒人に「お前、明日から白くしてこいよ」とか、金髪とか茶髪人だらけの国で「お前ら全員明日から黒い髪にしろ」とかいったら、相当頭おかしいんですが、日本のこのニュースは、通常運行通り「奇天烈な国ジャパンのすごいネタ」として全世界に配信されており、全世界を恐怖に陥れています。

ジャパンにいったら「お前今日から髪型はジョジョな。しかもピンクにしろよ!!」といわれるんじゃないかと思う人もいるんじゃないでしょうか。

そういうわけで、この学校のすごい指導に批判が集まっているわけですが、その一方で、この学校の先生方が、生まれ持っての髪の毛の人にまで「染めろ!!」という校則原理主義的な指導の理由をちょっと考えてみましょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yoss_2525 これは教育というよりも躾、あるいは調教といった感じ。 17日前 replyretweetfavorite

takuma1486 @antiquelabarum https://t.co/xyRRtdIoME 読んでみてください 18日前 replyretweetfavorite

taquehilo https://t.co/NgzIyBTGKd 19日前 replyretweetfavorite

iototaku デトロイトのスラムをなんとかしようという経済学部出の若者が作ったベンチャーが学校行ってない黒人の子達にとにかくネクタイの結び方を学ばせるといのもあったな。地毛証明は困ったものだけど教師の意識としてはそんな感じなのかも。 https://t.co/iLrUNDW3JG 19日前 replyretweetfavorite