アベノミクス・数式・精神科病院

今回の「新・山形月報!」もボリュームたっぷりです。話題作の片岡剛士『アベノミクスのゆくえ』(光文社新書)を皮切りに、岩田規久男・浜田宏一・原田泰編『リフレが日本経済を復活させる』(中央経済社)、カーメン・M・ラインハート、ケネス・S・ロゴフ『国家は破綻する』(日経BP社)、安達誠司『ユーロの正体』(幻冬舎新書)、イツァーク・ギルボア『合理的選択』(みすず書房)、同『意思決定理論入門』(NTT出版)、尾山大輔・安田洋祐編著『経済学で出る数学』(日本評論社)、鈴木健『なめらかな社会とその敵』(勁草書房)、R・A・ラファティ『蛇の卵』(青心社)、三宅薫『行って見て聞いた精神科病院の保護室』(医学書院)などが登場です!

年度初めでばたばたしておりますが、お元気でしょうか。さて前回から大事件がいくつかあって、たぶんぼくや読者のみなさんにとって最も影響が大きいのは、日本銀行の総裁交代と、そこで採用されたインフレ目標。2年後に2%のインフレ率を目指すというやつだ。

ご存じの通り、ぼくはずっと(1998年以来)このインフレ目標政策=リフレ政策の旗を振ってきて、翻訳でもコラムでも、ことあるごとにそれを紹介と後押ししてきたつもり。理屈としても単純明快。景気を刺激するには金利を下げるのが普通だけれど、ゼロ金利だとそれができない。でも、インフレになるとみんなが思えば、ゼロ金利でも実質的に金利が下がったのと同じ効果がでる—要はそれだけの話なのだ。初めて読んだときは、「なんだ、コロンブスの卵みたいな話だ」と思ったし、2~3年ですぐ採用されると思っていたら……なんとまったく採用の気配がない。

20年にわたり日本は停滞し続け、無責任な知識人どもはそれについてきちんと批判するどころか「もう経済成長の時代は終わった」「日本はこれから美しく衰退するばかり」「モノの豊かさより心の豊かさ」なんていうお題目で、かえって停滞を賛美するという始末。でも実際には、貧すれば鈍す。貧しくなり、就職難や失業が増えれば、みんな自己中心的になり、たいしたことない生活保護だの在日特権だのを騒ぎたて、つまらないナショナリズムをたぎらせ、大学3年生からシューカツとやらで、物質的にも精神的にも追い詰められたゆとりのない状態がどんどん悪化している。

でも、インフレになるという期待を作るのは無理とか、一方でそれをやったらハイパーインフレになるとか、馬鹿な話がずっと続いてきて、しかもその最大の反対者が日本銀行自身という状況が延々続き、ぼくは昨年夏の時点でも、もうこの政策が現実になる可能性をあきらめていたほど。

ところが安倍総理が登場し、あれよあれよとこの政策がアベノミクスの前面に。でも、これまであまりに裏切られ続けてきたもので、新しく日銀のトップとして黒田総裁が決まった時点でも、なんかチマチマした政策でお茶を濁されるのでは、と多くの人が半信半疑だったんだが……。杞憂でした。4月頭の日銀会合で、黒田総裁はデフレ派はもとよりリフレ派すら驚愕する大胆な施策をうちだし、さらに抵抗勢力になると思われた審議委員たちがコロッと宗旨替え。やった!

この突然の変化に、多くの人(特にこれまでリフレ政策に対してデタラメまじりの批判を展開してきた人々)は戸惑っていて、これからどうなるのかについてまだまだ混乱した議論があちこちで見られる。が……みなさん、読むべき本は1冊だけ。片岡剛士『アベノミクスのゆくえ』(光文社新書)。これはすごい。このタイミングで、ここまで踏み込んだ本が出るというのは信じられないタイミング。

空白を満たしなさい
『アベノミクスのゆくえ』

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hamanako https://t.co/oIQ7YW57Jt 5年以上前 replyretweetfavorite

toguchiakira そんなにスゴイのか。山形さん「読むべき本は1冊だけ。片岡剛士『 5年以上前 replyretweetfavorite

24ckg “第14回  5年以上前 replyretweetfavorite