ビットコインは誰がつくっているのか。

こんにちは。大塚雄介です。ビットコインって何なの? どんな仕組みになっているの? わたしたちの生活にこれからどう関わってくるの? といったことについて、ムズかしい専門書を読まなくてもわかるよう説明していくこの連載。今回は、ビットコインを開発している人について解説します。

ビットコインの出発点は、「サトシ・ナカモト」を名乗る人物が2008年11月に暗号理論に関するオンラインコミュニティで発表した「Bitcoin:A Peer-to-Peer Electronic Cash System(ビットコイン:P2P電子キャッシュシステム)」という論文です。

といっても、ビットコインは「サトシ・ナカモト」が単独で開発したものではなく、どこか特定の組織に属する開発チームでつくられたものでもありません。開発者のオープンなコミュニティの中で、「サトシ・ナカモト」が提唱したブロックチェーンの技術に興味を持った人たちが分担してコードを書き、徐々に現在の形に近づいてきました。

いわゆるギークな人たちが仲間内で「ビットコインを掘り当てた」「ビットコインを送ってみた」と楽しんでいたのが、2009年前後のことです。


ビットコインをめぐる人たち

ビットコインの関係者を同心円状で表すとすると、円の中心付近にいるのは、初期の頃からビットコインの開発に携わってきた「コア・デベロッパー」といわれる人たちです。彼らがビットコインのソフトウェアを実際に開発しています。

そのすぐ外側には、世界中で行われているビットコインの取引を承認し、新たなビットコインを掘り出している「マイナー(採掘者)」と呼ばれる人たちがいます。今後の連載でくわしく説明しますが、マイナーの人たちがスパコン並みのマシンパワーと電気代を負担して、すべての取引を承認してくれているから、ビットコインという仮想通貨が成立しているのです。

その外側には、実際にビットコインの取引を仲介している私たちのような「取引所」があります。取引所が行っているのは、主に「両替」と「送金」です。「両替」というのは、ビットコインを円やドルと交換することで、ビットコインの売買そのものです。手数料が安い「送金」は、ビットコインの得意分野でした(「ビットコインは、安い手数料で送金が可能?」参照)。

さらにその外側には、ビットコインを使ったサービスを展開する事業者がいます。ビットコインで支払いを受け付けるお店やeコマースのサイトがそれに当たります。

いちばん外側にいるのが、エンドユーザーであるみなさんです。取引所経由でビットコインを売ったり買ったり、送ったり受け取ったりします。


話し合いによる運営

開発者とマイナーの主だったメンバーは、数カ月ごとに世界各国で開かれているビットコイン・カンファレンスに集まり、今後の方向性について議論しています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

本記事は、書籍『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』(ディスカヴァー刊)の内容を一部抜粋、編集して掲載しています。

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

大塚 雄介
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2017-03-24

この連載について

初回を読む
いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

大塚 雄介

cakes読者のみなさん、はじめまして。大塚雄介です。ふだんは、仮想通貨交換取引所「coincheck」や、ビットコイン決済サービス「coincheck payment」を運営しています。ところで、最近ネットなどのニュースでビットコイ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント