メンヘラ女が結婚した。日本文学史上最も狂った夫婦小説とは?

京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」と思う名著を選んでみた。16作目は、島尾敏雄の『死の棘』。元祖メンヘラ女性小説。日本文学史上最大級にねじれてもう戻らない夫婦愛は、もう、どこへも行かない。依存し合う執着心に変わるだけ。結婚に夢を持っている人は、読んではいけない。【重版出来しました】『人生を狂わす名著50』より特別連載。作家、有川浩も推薦! →公開は毎週木・金です。

結婚前(後)に夫婦の真髄を知りたいあなたへ

16/50『死の棘』島尾敏雄
(新潮社)初出1977

結婚という夢物語 VS 夫婦愛というサスペンス

元祖メンヘラ女性小説。620ページ、妻がひたすら病んでいる夫婦文学でございます。結婚に夢を持っている人は、読んではいけない。#私小説 #夫婦を描く #元祖「妻がメンヘラになってしまった……」小説 #夫婦というものを見つめ直したい人に #壊れた家族 #凄絶な人間記録 #ど独身男性は読まないようにね!! #結婚に夢を持ってる女の子も読んじゃダメですよ!!


 日本的メンヘラ女性の系譜、というのがあります。
「メンヘラ(精神を病んでいる人のこと)」という現代若者言葉を使うと語弊があるかもしれませんが、「病んだ女性」が日本文学には一定層存在しています。彼女たちはなぜか時をかけ、日本文学に繰り返し登場している。
 たとえば『源氏物語』の六条御息所。嫉妬を抑圧したばっかりに生霊にまでなってしまった元祖日本メンヘラ女性。現代だったら、綿矢りさや本谷有希子の小説の主人公。今なお確実にこの系譜が受け継がれていますね。たいしたタイムワープ力です。
 この日本的メンヘラ女性の特徴は、ずばり「じわじわと言葉をまくしたてる」こと。これ、なぜか外国の小説には見当たらないのですよ!

 紹介する『死の棘』も、この日本的メンヘラ女性系譜の受け継がれる女性が登場します。
 それは、主人公の妻・ミホなのです。

「じゃ、どうしてあなたはあんなことをしたんでしょう。ほんとに好きならあんなことをするはずがない。あなた、ごまかさなくてもいいのよ。きらいなんでしょ。きらいならきらいだと言ってくださいな。きらいだっていんですよ。それはあなたの自由ですもの。きらいにきまっているわ。あなたね、ほんとのことを、あたしに言ってちょうだい。このことだけじゃないんでしょ。もっともっとあるんでしょ。いったいなんにんの女と交渉があったの? お茶や映画だけだと言っても、それはおんなじなんですからね」

 ……読んでいるこちらがお腹いっぱいになるくらいの台詞。長い。長いよ。どんだけまくしたてるんだよ!
 しかしこの台詞の間、主人公(夫)は何も言葉を発しません。
 そう、日本の病んだ女性が小説に描かれるとき—彼女たちメンヘラの相手をするのは、ぬるい優しさを持つ日本男性たちなんですね。
 だからこそ彼女たちは言葉をまくしたてられるだけまくしたて、その言葉に男は口を挟まずに沈黙するのです……。

「夫婦」の姿がどんどんサイコスリラーの体をなしてくる、ものすごい小説
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

重版出来!知らない本が知れる。知っている本は、もっとおもしろくなるブックガイドです。

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

0pus https://t.co/Kacxz5rYJ2 1年以上前 replyretweetfavorite

HZENL 『死の棘』って小説、3分の1くらいで断念した。妻が浮気した夫を延々と責めてるだけで何の進展もない。 1年以上前 replyretweetfavorite

Shingi み、みなもさん(minori『Wind』)……。 >“ この日本的 1年以上前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 1年以上前 replyretweetfavorite