お医者さんも驚くほどのスーパー安産でした

旦那さんの子どもを産むとは限らない」など、妊娠中もさまざまな持論を展開して反響を呼んでいた下田美咲さん。このたび、無事に第一子を出産されました! 出産した瞬間、どんなことを感じたのでしょうか? 現在の心境も含めてたっぷりと綴っていただきました。

お久しぶりです。下田美咲です。この1ヶ月ほど、連載をもって以来はじめての休載をしていました。

というのも、第一子を出産していました。

9月13日に、2530gの元気な男の子をスーパー安産でプリッと出産いたしました。

出産した瞬間に思ったこと

どのくらい安産だったかというと、陣痛開始から1時間で分娩台へあがり、いきみ始めてから15分ほどでプリッと会陰切開すらしないままに産むというスピード出産だった。

脚の間から姿を現した赤ちゃんを見たとき、「本当に人間が入っていたんだ、本当に子どもが育っていたんだ……!」と思った。それは「宇宙人って本当にいたんだ……!」というような類の驚きで、「うわぁ、人間が出てきた……!」というシンプルな感心だった。

そして「ああ、やっと終わった」と思った。

妊娠が発覚して、産むことを決意した日から8ヶ月間、出産は私にとって、恐怖のノルマだった。どのくらい痛いのだろう、どんな風に切られるのだろう(会陰切開)、切った後はどんな状態になるのだろう。そんな気持ちとまともに向き合ってしまうと、あまりの恐怖に心が壊れてしまいそうだった。だから、あえてほとんど考えないように過ごしていた。それでも常に「数カ月以内には出産……」という気の重さはつきまとっていて、予定日は恐怖の対象だった。

「子どもが欲しい」=「出産平気」ということではないから、出産をパスして我が子に会えるならそうしたかったし(父親ずるい)、妊娠アプリが刻んでいく「赤ちゃんに会える日まで、あと◯日」の表示は、恐怖へのカウントダウンだった。親の責任を果たすための準備はできても、出産をする覚悟はどう頑張っても手配のしようがなかった。

また、無限に生まれてくる「どうしよう」に押し潰されそうな8ヶ月間でもあった。臨月のどうしようの一部を挙げてみると、どうしよう、陣痛に気づけなかったら。どうしよう、間に合うように病院に行けなかったら。どうしよう、家で一人の時に破水して、そのまま本格的な陣痛に襲われて、痛くて動けなくなって、取り返しのつかないことになったら。ていうかその前に、まだ産んじゃダメな時期にフライングで産気づいちゃったりしたらどうしよう。

赤ちゃんをお腹の中で育てる係をやることは無限の不安がつきまとうことだったし、赤ちゃんを産む係をやることはとんでもない恐怖のノルマを抱えることだった。

だから、無事に出産を終えた時に思ったことは「ああ、やっと終わった」だった。ついに任務完了だ……そう思った。

「やっと我が子に会えて感動」とか「こんな素敵な体験をさせてくれた旦那さんに感謝」とかそういうドラマチックな気持ちには一切ならず、「ああ、ついに、やっと産み終わった…これでもう妊娠のプレッシャーからも出産の恐怖からも解放されたんだ……」と、すっごく肩の荷が下りた。

そして「もう二度と、妊娠も出産もしたくない……」と思った。分娩台を降りる時に一番思っていたことは、それだった。8ヶ月間もハラハラヒヤヒヤし続けて、心がゲッソリしていた。

結果的に、会陰切開すらしないスーパー安産ではあったけれど、それでもやっぱりトラウマになるほど、妊娠・出産はすごく大変なことだった。

実態を知らなかったからできたことだ、と思う。スカイダイビングもバンジージャンプも、やったことがない時は「やりたい!」と思っていたけれど、一度経験したら「こんなに恐ろしいことだったとは……!もう2度とやりたくない、ってかできない……!」となったように、妊娠・出産も、よく知らなかったらやる気になれたことだった。妊娠・出産するということがどういうことなのか熟知した今、第二子のハードルは第一子の100倍高い。

家に戻って、私が旦那さんに口を酸っぱくして言っていること

そんなトラウマな出産を終え、人生初の子育てが始まってから早くも1ヶ月が過ぎた。

育児の分担について、彼によく言っていることがある。それは「私は妊娠・出産という、とんでもなく大変なことをやったのだから、あとのことは全部あなたがやってくれて当然なんだからね」ということ。

「私は妊娠・出産をやったのだから、赤ちゃんをお風呂に入れるのも、オムツを替えるのも、ミルクをあげるのも、哺乳瓶を消毒するのも、寝かしつけるのも、泣いているのをあやすのも、全部あなたがやって当然だし、それでもまだまだバランス取れないくらいなんだからね。

もし、その程度のことでキツイと思うなら、あなたは子どもを持つことをナメすぎだし、育てるのが嫌なら親になりたがらないで。気が向いた時だけ可愛がるのは育てるって言わないから。

そもそも、私には地獄の妊娠生活と激痛の出産をやらせておいて、自分は痛くも苦しくもないことを『面倒くさい』なんて理由でやらないとしたらクソ野郎すぎて、そんな夫なら嫌いになるよ」

こんなようなことを出産前からよく言っていた。その甲斐あってか、今のところ彼は、かなりイクメンな方の父親だとは思う。

もちろん実際は全てをやらせているわけではなく、たとえば首のすわってない赤ちゃんをお風呂にいれるのは1人でやると大変だから毎日必ず2人で一緒にいれているし、哺乳瓶の消毒もやってもらうより私がやった方が早いから彼がやったのは数える程度で、それに残業をしてから帰宅した彼はクタクタすぎて、危なっかしくて赤ちゃんを託せないことの方が多い。

そんな風に実際はそうもいかないことがたくさんあるにしても、ただ、彼にはそういうつもりではいてほしい。

そもそも父親というのは母親と比べて、やれることが元から極端に少ない。妊娠も出産もできなければ、母乳も出せない。それに週5日間の仕事に行っている時間も一切の育児をできない。つまり、家にいる時間にやれることを全部やってくれたとしても、そんなのは育児全体の1割程度にしかなっていない。

だから、家にいる限られた時間内で「さっき俺がオムツ替えたから、次はそっちね」なんてのは完全にアウトで、こちらはあなたの見ていないところでその9倍やっているし、その前にとんでもない恐怖と痛みに耐えて命がけで産んでもいる。

だから、せめて数少ないやれることは全部、当たり前ようにやってほしい。オムツを替える、泣いたら抱っこする、そういうのは私より率先してやってほしい。

とはいえ、わかりやすく目の前で分担をしないことは「俺ばっかり」という誤解を生みやすい。私はそれを防ぐために、彼の見ていないところで実は9倍やっていることを伝える工夫をしている。それについては、いずれこの連載で書いていこうと思う。

私が旦那さんにイクメンであることを求める本当の理由
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
下田美咲の口説き方

下田美咲

下田美咲さんという女性をご存じでしょうか。13歳からモデルをしながらも事務所には所属せず、自宅の車を宣伝カーに改造してゲリラパフォーマンスを行ったり、「飲み会コール動画」などのオリジナル動画を180本以上手がけてYouTubeにアップ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Mahalo_mmy この考え方めっちゃ好きだ。 1年以上前 replyretweetfavorite

krsn_ysm タダで読める部分だけでも有意義すぎるのでお試しだと思って読んで(わたしは課金の仕方を調べます) https://t.co/RlUCfDA794 2年弱前 replyretweetfavorite

saccyo3104 すごく女性らしい考え方なのに理論的なのが好き https://t.co/ji2IxSzN1W 2年弱前 replyretweetfavorite

erimata_0815 やっぱりこの人面白い そして同じ気持ち 授乳以外できる夫を持ったから、第二子を今のタイミングで持てたのかな、わたし https://t.co/XxsRcVmXRl 2年弱前 replyretweetfavorite