京都、朝あるき 冬

京都、朝あるき 紅葉狩りの混雑を回避するマル秘テクとは!?

秋の観光シーズン到来! 秋の深まりにつれて、京都はしだいに紅葉で色とりどりに染め上げられてゆきます。ただ紅葉の名所はどこも観光客で大混雑、とてもゆっくりは見られません。……でも実は、朝の時間を使って紅葉狩りに出向くとっておきのテクニックがあるのです! ことり会著の新刊単行本『京都、朝あるき』から、朝一番から見てまわりたい選りすぐりの「秋の朝京都」プランをご紹介してゆきます。

紅葉狩り@京都ブライトンホテル

特別プランで混雑回避!

 山装う秋。

「花は里より咲き始め、紅葉は山より染め初(そ) む」といい、『万葉集』で紅葉を詠んだ歌は百首を越えます。色づき深まる紅葉は、秋の美しさの筆頭。紅、朱、赤、臙脂(えんじ)、橙(だいだい)・・・濃淡さまざまな錦に飾られた木々が生み出す、立ち尽くすほどの壮大な色のひろがりに、古代より人々は魅せられてきました。

「もみじ」の語源は、「揉み出ず」。色が揉み出(いだ)してくるという意味で、内面からにじみ出てきたとりどりの色あいを味わい深く感じる言葉です。見る者をしあわせな気分にするかのごとく眩しく照り輝く紅葉のことを「照葉(てりは)」なんて言ったりも。 肌を撫でる風にひんやりした匂いを感じる折、秋の紅葉は誰もが求める季節の風景ではないでしょうか。

 ですが、古(いにしえ)より人気の行楽である紅葉狩りを、しめやかに、誰にも邪魔されずに心ゆくまで堪能したい! という願いは、悲しいかな、京都市内ではなかなか叶えることができません。

 年々、世界中から名所に詰め掛ける観光客が増え続け、もはや紅葉を眺めているのか人の頭を見ているのか分からないほど。「穴場を教えてください」と仕事でも個人的にもよく訊かれますが、「そんなところがあるなら私が知りたい!」と答えたいのが正直なところだったりします(苦笑)

 それでもどこか挙げるとしたら?

 やはり人が少ない時間帯を選ぶほかありません。

 では、それはいつか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

心静かな「朝京都」の愉しみ。選りすぐりのスポットを四季に分けてたっぷり紹介!

京都、朝あるき

ことり会
扶桑社
2017-10-06

この連載について

京都、朝あるき 冬

山田涼子(ことり会) /辻ヒロミ(ことり会) /江角悠子(ことり会)

心静かな朝京都の愉しみ方を、京都在住女性トリオの「ことり会」がご紹介します。 近年では「朝活」といった言葉が定着し、旅先での朝を気持ちよくすごす提案も増えてきました。寺社仏閣の多い京都の朝は早い。だからこそ、いつもより早起きして朝から...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ezu1030 昨年公開された記事だけど、今こそ読んで欲しいヤツ! 約22時間前 replyretweetfavorite

minato_Shione #スマートニュース 約1年前 replyretweetfavorite

FUUsolilogueGR ブライトンホテルの宿泊プランめっちゃええけど既に焼土やったわ.... https://t.co/N237AXT1EL 約1年前 replyretweetfavorite

chiruko_t イノダモーニングええで。  約1年前 replyretweetfavorite