午後10時~午前2時は睡眠のゴールデンタイム」は大間違い!?

「よりよい睡眠を取るための活動=眠活」によって、脳と体をリフレッシュさせれば、「集中力」「生産性」は大幅に改善します。好評発売中の書籍『仕事が冴える「眠活法」』より、忙しい人でもムリなく行える「眠活」を紹介! 睡眠に関する記事などでよく耳にする「ゴールデンタイム」と「レム睡眠・レンノム睡眠」。今回は医師の視点からこの2つの「真の正体」を明らかにしていきます。

睡眠の“ゴールデンタイム”

「もっと仕事をする時間を増やしたい」「寝るヒマがあったら仕事したい」……。仕事の部分に「遊び」が入ることもあるでしょう。睡眠時間を削りたいという人が陥りがちなのが、「午後10時から午前2時の間のゴールデンタイムに眠っていれば、少ない睡眠時間でも大丈夫」という大きな勘違いです。

そもそも、午後10時から午前2時くらいが睡眠のゴールデンタイムとされるようになったのは、その時間に寝ると、成長ホルモンという細胞の新陳代謝を促すホルモンが分泌され、若返りに役立つとメディアなどで紹介されたことがきっかけです。

まことしやかにいわれていますが、実は正しくありません。

 成長ホルモンが分泌されるのは眠ってから1〜2時間後です。決まった時間に分泌されているわけではなく、眠りについた時間に影響されます。これは、睡眠の専門家の間では1990年頃から知られていることです。

なぜこんな勘違いが広まったのでしょう。もしかしたら、睡眠と成長ホルモンに関する研究論文に掲載されているグラフにその理由があるのかもしれません。これらのグラフでは、成長ホルモンのたくさん分泌されている時間帯が午後10時から午前2時くらいになっているものが多いのです。実際、睡眠の世界でもっともよく使われている教科書に掲載されているデータもそうなっています。

これには理由があります。

睡眠の研究では、データを取る際、午後9〜11時頃に被験者に眠ってもらうことが多いです。そのため、寝ついた約1時間後、つまり午後10時〜午前0時頃に成長ホルモンが一気に増え、そこからだんだん減っていく、というデータが現れます。そうすると、特定の時間帯に成長ホルモンがピークを迎えているように見えるのです。

しかしある研究者が、被験者を徹夜させたあと、翌日の午前11時に眠ってもらって成長ホルモンの分泌状態をチェックしたところ、夜の時間帯(徹夜中)には成長ホルモンは分泌されず、翌日の昼、眠った時間(午後1時頃)に成長ホルモンが増加していることがわかりました(下のグラフ参照)。

成長ホルモンの分泌を促すためには、必ず午後10時〜午前2時に寝ていないといけないということはないのです。

成長ホルモンが必ず分泌されるゴールデンタイムはありませんが、この言葉が広まったおかげで早く寝る人が増えたと聞きます。夜きちんと寝るのが大事だと知られるようになったという意味ではよかったのかもしれません。

ホルモンと睡眠の切っても切れない関係

成長ホルモンは眠りについた時間に影響されますが、体内時計にコントロールされているホルモンもあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

記事の続きがすぐに読みたい方は、こちらの本で!

この連載について

初回を読む
仕事が冴える「眠活法」

中村真樹

「朝起きるのがつらい…」「昼食を食べた後の眠気が…」「疲れているのに眠れない…」そんな睡眠の悩みをすっきり解消させる方法を、睡眠専門クリニックの院長を務める中村真樹先生が紹介! 気軽にできるのに、効果抜群。仕事の生産性を上げる「睡眠の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

luppys11 #スマートニュース 2年弱前 replyretweetfavorite

shii_ka_ 「 午後10時~午前2時は睡眠のゴールデンタイム」は大間違い!? https://t.co/EHStMcNcgr 2年弱前 replyretweetfavorite

yuhei_iwai 色々と誤解してたなぁ🤔 #スマートニュース 2年弱前 replyretweetfavorite

aoxtomax 特定時刻の発症に合わせて投薬をコントロールするという時間治療も信頼性低いのかしら。 | 2年弱前 replyretweetfavorite