データ分析

第9回】日本のトップ19人にアンケート 凄腕データサイエンティストの本音に迫る!

企業のデータサイエンティストへの期待は膨らむものの、彼らは「黒子」であるため、その本音はなかなか聞こえてこない。そこで、本誌は日本を代表する19人の「凄腕データサイエンティスト」にアンケートを実施し、彼らの胸の内に迫った。

 「たくさんのデータから、さまざまな仮説や手法を組み合わせて、それを支配する規則性や理論を見つけ出すのが面白い。まるで宝探しのような感覚だ」

 日本で最も有名なAIベンチャー、Preferred Networks(プリファード・ネットワークス)の岡野原大輔副社長は、データサイエンティストの仕事の面白みについてこう語る。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
データ分析

週刊ダイヤモンド

身の回りのデータが増える一方で、それを活用できる人材が圧倒的に足りていない。人工知能(AI)・データ時代の本格的な到来によって、ビジネスマンに必要なスキルが様変わりしたからだ。統計学やExcel、データ分析、プログラミングに触れて、今...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント