ゾンビ10番勝負

現実にゾンビはいるんですか!?

近年、ゾンビをテーマにした書籍が多く出版されています。ゾンビ自体の面白さ、ゾンビを考えることの面白さとは何なのでしょう。話題書『新世紀ゾンビ論』と『ゾンビ学』の著者による連載9回目のテーマは「現実にゾンビは存在するのか」。ヴードゥーからコスプレ、フィクションまで現実と虚構のねじれた関係を探ります。

現実の「ゾンビ」の話をしよう 岡本健

今回は、現実のゾンビについてだ。私は、『ゾンビ学』(人文書院)の中でゾンビを三つの存在に分類した。それぞれ、虚構的存在、概念的存在、そして、現実的存在である。虚構的なゾンビとは、物語の中に登場するゾンビのことだ。これまで語ってきたことの多くは、この虚構ゾンビについてであった。概念的なゾンビは、哲学的ゾンビと呼ばれる思考実験の装置や、比喩的に使われる「ゾンビ」という言葉のことである。では、現実的存在のゾンビとは一体…。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ゾンビ10番勝負

岡本健 /藤田直哉

近年、ゾンビをテーマにした学術的な書籍が世界で多く出版されているのをご存知でしょうか。そんな中、2017年春、日本で『新世紀ゾンビ論』、『ゾンビ学』という本格的なゾンビ研究の始まりを告げる本が相次いで刊行されました。ゾンビの面白さ、そ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

animemitarou ゾンビ大学開学記念!「 3年弱前 replyretweetfavorite

animemitarou cakesで展開されていた連載記事です!ゾンビ10番勝負第2番「 3年弱前 replyretweetfavorite

jimbunshoin 9回目が更新されました。ヴードゥーからコスプレ、フィクションまで現実と虚構をまたいで探ります→ 約3年前 replyretweetfavorite