気になる相手ともっと親しくなるための心理テクニック

「時間が無いから」「仕事が忙しいから」「独りが楽だから」ーーでも本当は恋をしたい! そんなキャリア女子たちに読んで欲しい。そしてその心理を男性にも知ってもらいたい。「恋愛とメンタリズム」をテーマに、今もっとも人の心に精通している、メンタリストDaiGoさんが贈る『ゼロから幸せをつかむ オトナの恋愛処方箋』の内容を、長期特別連載いたします。

気になる相手ともっと親しくなるための心理テクニック

①ミラーリング効果
 会話はポイントを復唱する、メールは文体を似せる

 人間は自分と親しい人、好意を抱いている人と似た表情、動作をしてしまうことが知られています。これがミラーリング効果です。長年連れ添った仲のよい夫婦がなんとなく似てくる、というのはこの効果による部分が大きいと考えられます。
 これを逆に利用して、「相手のしぐさなどをマネる」ことで、相手に好感をもってもらうことも可能です。デートのとき、相手のしぐさ、クセなどをちょっとマネするようにすると、相手はあなたに興味をもち、それが好感につながります。「モノマネ」をするというよりは、何気ない歩き方のクセ、足の組み方、手の動かし方、立ち上がるタイミング、座るときのクセといった部分をよく観察して、ちょっとマネることが効果的です。
 たとえば、テレビなどを見ていて同じ場所で笑う、同じものを食べていて同じタイミングで「おいしい!」と言った、というようなときに、相手に親近感を感じた経験は誰にでもあるはすです。これを意識的に利用してみてください。

 それには相手をよく観察すること。
 クセをマネるのが難しければ、会話のときにさりげなく、相手の言ったことを「繰り返す」だけでもいいです。

「この前あの店に行ったら、すごくおいしかったんだ」
「へええ、そんなにおいしかったんだ」

「今週はものすごく仕事が忙しくてさあ」
「そうか、そんなに今週は忙しかったんだね」

「あのニュース、頭に来るよ」
「ほんとに頭に来るね」

 と大事なところを復唱するだけ。相手が共感して聞いてくれている、ということが伝わり、それだけで好感度は上がっていきます。
 また、しぐさや口調ばかりではなく、メールの文面なども相手に合わせたほうが非常に効果的です。
 前回のメールで「●●さん先日は大変お世話になりました。いろいろなお話を伺うことができて大変勉強になり……」といった文面だった男性に、いきなり「やっほー元気ですか〜\(^o^)/今度、ごはん連れてってくださいねー♡」では、完全にアウトです。
 特にあなたが経験を積んだキャリア女子ならば、絶対にしてはいけません。「あえて」オチャメ感を狙うと痛い目にあいます。相手が顔文字やスタンプを多用するタイプならばあなたも少しそこに合わせ、そうではないのなら、きちんとした文面を基調にして、メールの最終行だけ少しラフでフレンドリーにする、といった程度が理想です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

続き・全文を見たい方はこちら!恋をしたい全てのキャリア女子に贈る、メンタリストDaiGo渾身の1冊!

この連載について

初回を読む
ゼロから幸せをつかむ オトナの恋愛処方箋

DaiGo

恋を忘れかけていませんか? 「時間が無いから」「仕事が忙しいから」「独りが楽だから」ーーでも本当は恋をしたい! そんなキャリア女子たちに読んで欲しい。そしてその心理を男性にも知ってもらいたい。「恋愛とメンタリズム」をテーマに、今もっと...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 3年弱前 replyretweetfavorite

tatsumi_kikaku 公開しました!|[今なら無料!]恋をしたい全てのキャリア女子に贈る、メンタリストDaiGo渾身の1冊! 3年弱前 replyretweetfavorite