セックスレスを回避するための3つのミッション

前回、ベッドの中で男に飽きられる女の特徴をハナコから教えてもらった優奈(27歳)。もう手遅れかも、と諦めかけた優奈に、ハナコは「彼とのセックスレスと、優奈ちゃんの人生をセックスレスのままにしておくことは別問題」と話しはじめ……。

「彼とのセックスレスと、優奈ちゃんの人生をセックスレスのままにしておくことは別問題」

「え?」

「そもそも優奈ちゃんは、彼のセックスをそれほど気に入っているわけじゃないし、彼とはまだ結婚しているわけでもない。

私はね、今回のセックスレスを、彼とのトラブルとして小さく処理するよりも、優奈ちゃんの人生の問題として大きくとらえて向き合った方がいいと思う。

だとすると、もっとドンピシャなセックスをしてくれる男を探しはじめてみてもいいと思うよ」

「浮気ってことですか……? バレたら怖い」

「でも、今すぐ彼と別れるのって、すごくハードル高くない?」

「……!」

「今のような決定打に欠ける状況で、彼に別れを告げる勇気ある? 無理だよね?

そもそもね、女の人って、次の恋のメドが立ってからじゃないと別れを決意できない生き物だから」

「!」

次の恋がはじまっていないのに、今の恋人に別れを告げる勇気のある女の人ってほとんどいないよ

「……たしかに、次の恋がはじまっていない限り、差しせまって別れる必要ってないから、このままじゃ嫌だと思っていても何もできないというか……自分の意志だけでは別れってなかなか決められないんですよね……」

「次の男がスタンバイしてからじゃないと今の恋人に別れを告げられないのが女心だから。次が決まっていないのに、今を打ち切れる人って、けっこう相当な決断力の持ち主だからね。人並み外れている(笑)」

「そうですね、普通の女にできることじゃないですね(笑)」

「ね! だから、とりあえず今の彼のことはそのまま置いておくのがいいと思う。だけどね、優奈ちゃんの人生のことを考えたら、次の男探しも並行してやってみた方がいいよ。大丈夫だよ、今の優奈ちゃんの状況なら浮気してもバレないから」

「どういうことですか?」

「優奈ちゃんと彼はセックスレスだから。ふたりがセックスレスである限り、バレないよ。浮気がバレる時のパターンで、唯一ごまかせないのは性病にかかってしまった時だけど、セックスレスだったら仮に性病になったところで伝える必要がないし、秘密裏に治せる。だからセックスレスの場合は、浮気できる」

「なるほど……」

「今回、優奈ちゃんが彼とセックスレスになってしまった一番の原因は、優奈ちゃんが彼のするセックスを大好きになれていなかったことだから。で、それを素直に態度に出してしまっていたから、彼としては何をしてあげても優奈ちゃんの反応が薄いから退屈をしたし、自信も喪失して、抱けなくなった」

「はい……」

「彼のことをどうしようもないほど愛していて、絶対に彼の女として生きていきたいってことであれば、彼を優奈ちゃんにドンピシャなセックスができる男に育てるっていう作戦もなくはない。

けど、そもそも優奈ちゃんは自分のドンピシャなセックスをまだ知らないよね」

「!」

「優奈ちゃんに経験値があって、自分がどんな風にされたい女なのかを自分で熟知しているのであれば、彼を育てる作戦もなしではないけれど、優奈ちゃん自身がこれまであまりセックスに関心を持って生きてきていないから、いきなり彼を育てるのは厳しいと思う。無理ではないけどね、オススメな選択ではない」

「はい……まだ私あまりわかっていないです、自分がどんな風にされたい女なのか……」

「うん。だからまずね、自分が好きなセックスを知ること、どうされると気持ちいいのかを知ることだと思う。そのためには、そういうセックスをしてくれる男の人とのセックスを経験するのが一番早い

「……!」

「つまり、まずは素で『私、あなたのしてくれるセックスが大好き!』って言える男の人を見つけよう。それが一番のセックスレス回避法だから

これまで、付き合った男の人としかセックスをしたことがなかったし、そもそも私がセックスをする動機はいつも「付き合っているのだから」だった。

セックスのやり方なんてみんな同じで、そこに良し悪しなどないと思っていた。好きだから気持ちいい、好きだからしたくなる、それだけだと思っていた。

「自分の人生をセックスレスにしない方法は、セックスのやり方が好きな男の人を恋人に選ぶことだよ。そうすればセックスレスにはならない」

「あの……セックスって、好きだから気持ちいいし、好きだからしたくなるものではないんですか……?」

「じゃあどうして、優奈ちゃんは彼のことが好きなのに、昼間のあまり時間がない時にはしたくないの?」

「あ、たしかに……」

「ということで、ミッションを発表します!」

「あ、はい、ミッション……!」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
人生の作戦会議!ーなんでも解決しちゃう女、王生際ハナコ

下田美咲

「恋愛がうまくいかない」「仕事で成果が出ない」「自分に自信がない」「運が悪い」など、あらゆる悩みを王生際ハナコが解決します! 占いでも、カウンセリングでもない、「人生の作戦会議」とは? cakes人気連載「下田美咲の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shimodamisaki 今日も一位だ!すごーい! 8ヶ月前 replyretweetfavorite

taizona 人生の作戦会議!ーなんでも解決しちゃう女、王生際ハナコ | 下田美咲 | cakes(ケイクス) https://t.co/pm14oViyQt https://t.co/Myxf02wn11 8ヶ月前 replyretweetfavorite

scarlet_ki7 "もしも色仕掛けをした場合に拒絶しなそうで、かと言って何でも受け入れるわけではなく、断るにしてもやんわりしっとりと遊び心あるやり方で、決して空気が悪くならない対応をしてくれそうな印象のことを男の人は「女の色気」と言う。" https://t.co/ZnT1QlhmD9 8ヶ月前 replyretweetfavorite

momo_diet_01 これ読んで納得。別れたらいいのにって思う友達が別れないのは、次の恋見つけてないからだ。 8ヶ月前 replyretweetfavorite