ベッドの中で男に飽きられる女の2つの特徴

前回、セックスレスに悩んだ末に「王生際ハナコ作戦会議室」を訪れた優奈(27歳)。ハナコから「優奈ちゃんとのセックスは、彼にとってつまらなかったんだと思うよ。それがセックスが減った理由」と指摘され戸惑います。さらに、ハナコから「男の人は、どんな女の人とセックスをするのが好きだと思う?」と聞かれて……。

「男の人は、どんな女の人とセックスをするのが好きだと思う?」

「え……」

「どんな女の人とセックスをすると満たされると思う? どんな風にセックスをされると、その女の人のことをもっと好きになると思う?」

「……エロい女じゃないんですか? 積極的で、自分からあれもこれもしてくれて、よく動く、セックスが上手な女の人のことが好きなんじゃないですか? セックスが好きな女の人というか……」

「エロい女や、セックスに積極的だったり、腰を振るのや舐めるのが上手な女の人のことはね、便利って思うだけだよ。楽チンだ、とは思う。自分があれこれする手間が省けるからね。『無料の風俗だ、ラッキー』みたいな感じにはなる。でも『エロいから』『うまいから』『積極的だから』って理由で、好きにはならない。そういう女の人とのセックスを通して、その人自体にハマったりはしない」

「じゃあ……どんな女が……?」

「男の人が好きなのはね、『俺とのセックスが大好きそうな女』だよ。あと触っていて楽しい女の人とするセックスが好き

俺とのセックスが大好きそうな女…?!

触っていて楽しい女の人…?!

「優奈ちゃんに足りなかったのは『俺とのセックスが大好きそうな感じ』と『触っている側が飽きないようなリアクション』この2つ。

だから、挽回するために強化する必要があったのはそこなのだけど、実際に優奈ちゃんがとった行動は『セックスが好きな女』的なことだった。だから巻き返せなかった。

男の人は、俺とのセックスが大好きな女のことは好きだけど、セックスが大好きな女のことは、やや怖がる傾向にもあるからね。そういう女の人って浮気しそうだし。

どんな男と、どんなセックスしてきたんだろう、って考えてしまうからモヤモヤもするし、自分なんかのやり方じゃ物足りないのではって不安にもなる。

男の人の多くは、女の人よりよっぽどか弱くてデリケートだから、この手の性にまつわる不安はプラスにつながることが少なくて、萎えることにつながる人が多い」

「そう…なんですか……?」

「セックスって、圧倒的に、男の人が動く側だよね。女の人のマグロは成立するけど、男の人のマグロって成立しないでしょ。つまりセックスのほとんどは、男の人が女の人にしてあげる行為なんだよね。

前戯にしろ、挿れてから動くことにしろ、基本的には男の人があれもこれもやってくれるよね。

だからこそ、男の人は自分のセックスが相手にとってどうなのかは常々すごく気にしているし、気に入ってもらえていないとしたら、それはかなり辛いこと。

だから男の人は、セックスに関する不安が苦手だし、セックスで不安な気持ちにさせてくる女の人のことは基本的に遠ざけたくなる。

で、そういう時はとくに、自分のセックスに大満足してくれる女とやる機会をつくろうとする。メンタルバランスをとるために」

優奈はこれまでずっと、「セックス=女が男にさせてあげること」だと漠然と思っていた。

「話を聞く限り、優奈ちゃんは彼とのセックスがまだ順調だった頃に、彼がしてくれた行為に対して喜ぶ反応が少なかったんだと思う。こんな気持ちいいことをしてもらえて嬉しいっていう姿勢ではなかった。

彼の目には『俺のセックスをそれほど気に入ってなさそうな女』として映っていたと思うよ

喜ぶ反応……。

してもらえて嬉しいっていう姿勢……。

たしかに、自分にそれはなかったはすだ。だってそんなこと思っていなかった。

「優奈ちゃんさ、セックスは男の人が気持ちよくなるためのもので、女はそれに付き合ってあげている、って思っていない?」

「!」

男の人は、自分とのセックスに夢中になってくれない女の人のことが苦手だよ。他の、俺よりセックスがいい男に簡単にとられそうで怖いから。

優奈ちゃんさ、まだシャワーを浴びていないからって断ったり、出かける間際に誘ってきた彼に『今はあまり時間がないから、するなら帰ってきてからがいい。夜にして?』と言って待ったをかけたりしたことがあったよね。

そういうのって彼からしたら、俺とのセックスに夢中になっていない証拠だったと思う。私はそんなにしたくないけど、あなたがしたがっているからしてあげているのっていうスタンスに見える」

「……本当にそういうスタンスだったと思います……」

「それだと男の人は自信を喪失するし、がんばっても喜ばれていないと思うとやる気も出なくなってくる。ほぼマグロの女側と違って、男の人はセックスでやることがたくさんあるからね、モチベーションが高くないとできない」

「たしかに、言われてみれば、本当そうですね……そうなると、私はここからどうするべきですか?」

「もしまた抱かれるチャンスがあれば、そこで『俺とのセックスが大好きそうな女』感を出して挽回していくことなんだけど。

ここ最近の流れを考えると、もう抱かれない可能性が少しあるのと、そもそも優奈ちゃんて、その彼のセックス大好きなの?

「えっ」

どうなのだろう。大好きです、と即答できないことは、たった今自覚をしたけれど。

帰国子女の彼は外国人のような愛情表現をしてくれる。そんな彼だからセックスの時も甘いささやきが多かったため、そこはすごく好きだし、だからセックスをしている時の彼のことを好きだとも思っていた。

けれど、彼のセックスのやり方そのものについてはどうなのだろう。よくわからない。というか、彼に限らず、これまで寝てきたどの男のセックスについても、大差がないと思っていた。だから「あなたのセックスが大好き!」などという視点は持ったことがなかった。

「さっきの話からすると、優奈ちゃんは、ベッドでゆっくりと時間をかけてセックスできる時以外は、あまり気乗りしていなかったよね。それはなぜ?」

「時間がない時にすると、ただするだけで、あまり言葉のやりとりがないから……可愛いね、とか、セクシーだよ、とか、そういうのが時間がないと省かれるから、なんかつまらなくて」

「となると、エッチそのもののやり方は、あんまり気に入っていないってことだよね」

「そうなのかも……」

どうして彼とセックスがしたいの?

「えっ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
人生の作戦会議!ーなんでも解決しちゃう女、王生際ハナコ

下田美咲

「恋愛がうまくいかない」「仕事で成果が出ない」「自分に自信がない」「運が悪い」など、あらゆる悩みを王生際ハナコが解決します! 占いでも、カウンセリングでもない、「人生の作戦会議」とは? cakes人気連載「下田美咲の口...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kiyoponm そうゆう事なのだよ!わかるかな? あっ…俺も鍛え直さなきゃ 3日前 replyretweetfavorite

Tamingent 「男の人が好きなのはね、『俺とのセックスが大好きそうな女』だよ。あと触っていて楽しい女の人とするセックスが好き」 https://t.co/fL3CC8B2B7 3日前 replyretweetfavorite

e4vyl うん、 ボクじゃなくちゃダメって思ってもらいたいってほど自惚れてはいないけど 楽しんで欲しいし求めて欲しいし出来たら乱れて欲しい ボクに対してだけの特別感が感じられたらもっといいです https://t.co/4HxjyqTpOD 9日前 replyretweetfavorite

yunastation こんなwwwww名前wwwww一致することあるwwwwwwww????? https://t.co/2XkiRPajXc 10日前 replyretweetfavorite