皆さんの幸せのためにいつも祈っている方がいるのをご存じですか?

日本人なら知っておきたい、皇室のこと、ご公務の実態、伝統文化の継承における皇室の役割、天皇の祈り、外国とのご交際、歴史上天皇が果たされた大きな役割、皇室の今後のお姿、そして皇位継承問題とは? 皇室のあらましを理解するには、何を押さえておけばいいのか? 『皇室ってなんだ!?』をcakesで特別連載!

誰にも苦しいときや悲しいときや孤独に感じるときがあるかもしれません。しかし、そんなときには思い起こしてほしいことがあります。いつも私たちの幸せを祈ってくださっている人がいるということです。だから、どんなときにも、絶対に立ち上がって前に向かって進んでほしいと思います。

どなたが、私たちの幸せを祈ってくださっているのでしょうか。天皇陛下です。天皇陛下は、いつも国の安寧、国民の幸せ、世界の平和を祈っていらっしゃるのです。大きな災害が発生したときには、その被災地を訪問し被災者の方々を励まされます。先の大戦の犠牲者慰霊のため、国内のみならず、サイパン島やパラオなど遠くの激戦地をも訪れられています。

一方、国民にとって喜ばしいときには、一緒に喜んでくださいます。天皇陛下は、国民の喜びのときも悲しみのときも、国民と共に歩んでいらっしゃるのです。

それでは、一体、天皇ってなんなのでしょうか。皇室ってなんなのでしょうか。

 今上陛下は、第一二五代の天皇です。初代神武天皇から連綿と続いております日本の皇室は、世界最古の王朝です。日本の歴史と共に歩んできたのが日本の天皇であり皇室です。

私は、今上陛下が皇太子殿下の時代に東宮侍従を務めました。その当時は、皇太子殿下(今上陛下)、皇太子妃殿下(いまの皇后陛下)、浩宮殿下(いまの皇太子殿下)、礼宮殿下(いまの秋篠宮殿下)及び紀宮殿下(現在、黒田清子さま)の五殿下にお仕えしました。皇太子同妃両殿下のご訪米には随員としてお供しました。昭和天皇の大喪の礼や今上陛下の即位の礼の際には、外国からの賓客の受け入れなどのお手伝いをしました。たいへん有意義なときを過ごさせていただきました。

後に、宮内庁式部副長も務めました。このときは、国賓の接遇など天皇陛下の外国ご交際にかかわる儀式や業務に携わりました。外国勤務時代には、天皇皇后両陛下をはじめ皇族方を現地でお迎えするお手伝いをしました。とくにタイは、今上陛下即位後、最初の外国ご訪問国でした。バンコクの空港に日本航空特別機が着陸したときは感慨深いものがありました。本当にようこそいらっしゃいましたという気持ちでした。

このような私自身の経験を踏まえて、この本では日本人なら知っておきたい皇室のこと、ご公務の実態、伝統文化の継承における皇室の役割、天皇の祈り、外国とのご交際(皇室外交)、歴史上天皇が果たした大きな役割について取り上げたいと思います。

天皇の果たされた役割のなかで、もっとも重要なことは、昭和二〇(一九四五)年八月のポツダム宣言受諾にかかわるご聖断ではなかったかと思います。

一方、平成二八(二〇一六)年八月、今上陛下は自らの高齢化に伴う対処の仕方について国民に向けビデオメッセージを出されました。この天皇メッセージの後、天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議が設置されました。その後、国会で天皇の退位等に関する皇室

典範特例法が成立し、今上陛下が平成三〇(二〇一八)年にも退位なさる見通しとなりました。平成三〇(二〇一八)年一二月二三日のお誕生日には満八五歳になられますので、満八五歳をもって退位されるのかもしれません。

このような生前退位は、歴史上珍しくありません。歴代天皇一二五代のうち五九人の天皇が生前退位しました。明治時代の旧皇室典範及び現行の皇室典範では、生前退位は認められていませんが、起草段階では議論がありました。そのときは、現在のような超高齢化社会を想定できなかったのではないでしょうか。このような生前退位の歴史的意味についても考えたいと思います。

そして、皇室の今後の姿、とくに、皇位継承問題について取り上げたいと思います。これまでの一二四回にわたる皇位継承はすべて男系継承でした。男系継承とは、天皇の父親をたどっていくと初代の神武天皇につながるというものです。皇室典範も男系継承を規定しています。しかし、いまの皇太子殿下が天皇に即位した場合、次世代の皇位継承者は秋篠宮家の悠仁親王殿下お一人の状態になります。今後とも男系継承を続けていくのか、それとも女系継承を認めるのか。皇室の長い歴史のなかで、とても大きな問題です。いまの憲法のもとでは、私たち国民が決める問題であります。長い歴史を振り返ってみた場合、必ず、良い知恵が浮かんでくると思います。

最後に、国民は天皇とどうあるべきかについて共に考えてみたいと思います。

この本が、天皇と皇室についての理解を深めることができ、そして、皇室と国民の間に信頼と敬愛の念が一層深まる一助となれば、望外の幸せであります。

これ一冊で皇室のあらましが理解できる!

皇室ってなんだ! ?

竹元 正美
扶桑社
2017-09-22

この連載について

皇室ってなんだ!?

竹元正美

今上陛下の退位、眞子様のご婚約と話題に欠かない皇室。いま国民の関心は高まっています。しかしながら、わたしたちは皇室のことをどれだけ知っているのでしょうか? 外国人に皇室のことをきちんと説明できるのでしょうか? 本書は東宮侍従として皇室...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

MF1803Fujisawa @turbo0421 @hoyaminabe @JpnReich おはようございます。 話しは変わりますが、 秋元正美氏、この方も駄目な周り人に属しますか? https://t.co/kToEMzy5C7 約1年前 replyretweetfavorite