リンゴが落ちるから地球には重力がある」という常識を疑ってみる

目の前でリンゴが落ちた。 → リンゴが落ちるから地球には重力がある。 → だから物は落ちる → でもそもそも、次もリンゴが落ちるとは限らなくない? という、常識を疑ってみるお話。書籍『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』より特別連載。

ゾンビ先生の哲学授業 第9回「バークリと因果律の否定」— 前編

ひろ それにしてもゾン次郎、カフェモカ好きなんだねえ。さっきからひと言のうめき声も発せず夢中で飲んでるし。

先生 いつもこうなんじゃよ。カフェモカを与えるともう一心不乱じゃ。

ひろ 一心不乱と言うより一心腐乱ですよね……。でも飲んだそばから唇の裂け目から流れ出ていってるけど、それ飲んだことになってるの?

先生 まあ気持ちの問題だからいいんじゃ。それくらい好きなんじゃろう。なにしろ日本のカフェというのは質が高いのじゃな。わしも日本でメイド・イン・ジャパン製品に触れるたびに、日本に来てよかったと心から思うわい。

ひろ そうそう、ずっと気になってたんですけど、ゾンビ先生はどうして日本に来ようと思ったんですか?

先生 言っておらんかったっけ? わしが最初に日本という国の存在を知ったのは、天正遣欧少年使節が大陸に来た頃……ちょうどベーコンが生きておった時代なんじゃがな。どちらかというと自分を中心に物事を考えがちな、利己主義の目立つ大陸において、自分よりも主君や藩、同志や故郷の未来を優先して考える日本人の生き様に感銘を受けたんじゃよ。それ以来、日本に興味を持つようになってな。

ひろ へえ—、そんな風に言ってもらえると、なんだか日本人としては誇らしく感じられますね。そうやってご先祖たちが築き上げてきた日本の名声を、僕たちもちゃんと次の世代に引き継げるようにしたいな。

先生 じゃがなんと言っても決定的にわしに渡日を決断させたのは、和食の美味さじゃよ。それまで食っていた大陸の食事と比べ、日本食のなんと味わい深いことか……

ひろ え……? 和食って、寿司とか天ぷらじゃないですよね。もしかしてその和食っていうのは……

先生 なにを今さら。ゾンビの食事と言えば人間に決まっとるじゃろ。日本経済が強くなってから来欧する日本人が急激に増えてのう。そこで初めて食った日本人の繊細な味に、わしは惚れ込んでしまったんじゃ。

ひろ 聞かなきゃよかった!! そんな理由だったのかっ!! なんて極悪非道な! 日本人を食い物にするために来日しただなんて!!

先生 なにが極悪じゃ! 海外に行く時に、現地の食を楽しみにするのは当たり前のことじゃろうが! それに、わしは日本の総合的な良さに惹かれたんじゃから。あくまで食は魅力のひとつじゃ。

ひろ なんだかなあ……日本食を褒められるのは嬉しいけど、日本人肉食を褒められてもなあ。でも、人間も人種によって味が違うものなんですね。それはなかなか興のあるご意見です。

先生 そうじゃな。味の繊細さではやはり日本人が断トツじゃよ。まあ大陸の人間はでかい分、満腹にはなるがな。一時期は北欧でバイキングをよく食っとったが、あれも実に大味じゃったのう。数が多いから食べ放題なところだけはよかったが。

ひろ ゾンビ先生そんな華奢な体つきなのに、よく荒くれ者のバイキングなんて捕獲できましたね。

先生 一人で捕まえたわけじゃないよ。当時は物騒な時代じゃからな、わしもなるべく集団行動をするように心がけておった。元々ゾンビというのは群れで狩りをする習性があるのじゃ。

ひろ たしかに映画とかドラマでも、ゾンビはいつも大勢で一斉に襲いかかってますね。やっぱり、確実に獲物に勝てるようにですか?

先生 それもあるし、食事というのは一人よりも、仲間とワイワイやりながら食べる方が美味しいじゃろう?

ひろ 鬼っ!! 悪魔!!

この頭蓋骨は、本物のドクロかレプリカか?

先生 そうじゃ、食事と言えば、今日はおもしろいものを持っているんじゃが、見たいか?

ひろ おもしろいもの? その袋に入ってるの? 本当におもしろいんなら見たいけど、怖いのはイヤよ。結構大きいですね……丸くて……。あ、わかった。ボーリングの球でしょう! ゾンビ先生のマイボール!? 当たり?

先生 ブッブ—! 残念でしたー。ボーリングじゃありません〜。

ひろ あちゃー外れちゃった! 悔しい! 正解はなんですか?

先生 待て待て、今出してやるから。よいしょっと……、正解は、ほらこれじゃよ。昨日わしらが食べた人間の頭蓋骨! いわゆるドクロでしたー!

ひろ 怖いっっっ!!! 気絶します!! 気絶の5秒前〜!! 4、3、2〜!!

先生 こらこら! ウソじゃって! これは本物じゃなくて、ドクロのレプリカじゃよ。わしの頭の骨を作ってくれた教え子から、授業のためにわざわざ借りてきたんじゃ。

ひろ いつも持ち歩いてるんですかそんなものを。まあレプリカならいいや……じゃあ気絶はやめてあげるよ……

先生 というのは真っ赤なウソで、これは本物のドクロじゃよ。昨日ゾン次郎に食い殺されるまでは元気に生きておったんじゃ。

ひろ いやあ怖いいいいっっ!!! 気絶する!! 鬼畜!! 人畜!! 人殺しっっ!!!

先生 な—んちゃって! うっそーん! これは作り物じゃよ。安心せい。

ひろ はあ、びっくりした……じゃあ安心する……

先生 と見せかけてやっぱり本物だよーん!

ひろ 怖いいいバカああああっ!!

先生 ニセモノだよーん☆

ひろ 安心したよーん☆ ってなんなんだよっっ!!! 前にも似たようなやり取りした気がするわっ!! なんだハゲ!!

「ドクロがあるからひろがドクロを認識している」のか、「ひろがドクロを認識しているからドクロがある」のか。

先生 まあ冗談はさて置き、哲学じゃ。今おまえは、「テーブルの上にドクロがある」と認識しているな? ……ちなみにこれは本当にレプリカじゃから安心せい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

哲学を学ぶと人生が楽しくなる。ふざけたタイトルですが生きるためのヒントが詰まっています。

この連載について

初回を読む
ゾンビの哲学」に救われた僕は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。

さくら剛

さくら剛の超・哲学入門! 「とっつきにくくて、わかりにくい」、「でも、人生の役には立ちそう」。本書は、そんなやっかいな哲学を「冴えない青年“ひろ”が、古代ギリシア生まれの哲学者“ゾンビ先生”から学んでいく物語」です。哲学とは? この世...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu 「りんごが落ちるから地球には重力がある」という常識を疑ってみる https://t.co/XPFcjxr7cM #スマートニュース 約3年前 replyretweetfavorite