実体のないビットコインがなぜ「通貨」としての価値を持つのか?

こんにちは。大塚雄介です。ビットコインって何なの? どんな仕組みになっているの? わたしたちの生活にこれからどう関わってくるの? といったことについて、ムズかしい専門書を読まなくてもわかるよう説明していくこの連載。これまでの連載で、ビットコインが何なのかを解説してきました。ここから、ビットコインの仕組みを掘り下げていきます。

ビットコインは実体を持たないバーチャルなお金で、中身はただの記号にすぎません。では、なぜそれが「通貨」としての価値を持つのでしょうか。

それを考えるために、まず「円」や「ドル」がお金としての価値を持っているのはなぜかを振り返ってみましょう。

金(ゴールド)の希少性

かつて金本位制だったときは、紙幣というのはあくまで金ゴールドといつでも交換できるものでした。金ゴールドをいつも持ち歩くのは大変だし、盗まれたりする危険も大きいので、国の金庫に預けておいて、国民はいつでも金ゴールドと交換できる「預かり証(金兌換だ かん券と呼びます)」を使っていたのです。

しかし、そうなると、国庫(国の金庫)に入っている以上の紙幣は発行できません。国の経済力は保有する金ゴールドの量に比例することになり、金ゴールドの争奪戦が起きます。

有名なのは、19世紀の終わりに南アフリカで起きたボーア戦争です。現在でもレアメタル(希少金属)の宝庫として知られる南アフリカの金鉱をめぐる戦争で勝利した「大英帝国」は、莫大な富(=ゴールド)を手に入れ、わが世の春を謳歌します。

ところが、世界中に産業革命が浸透し、各国の経済が発展していくと、「国の経済力=国が保有している金ゴールドの量」という関係にズレが生じます。そもそも人類がこれまでに掘り出した金ゴールドの量は全部あわせて18万トンあまり、50メートルプールに加算すると3.7杯分程度しかないといわれています。

希少だから価値が高いわけですが、量が限られているだけに、各国が経済力に見合った金ゴールドを保有するのはむずかしくなります。

そのため、現在の通貨は金ゴールドとは完全に切り離され、各国の中央銀行が経済状況に応じて発行しています。つまり、円やドルの価値は金ゴールドに裏づけられたものではなく、みんなが円やドルに価値があると信用しているから価値があるのです。


「信用」こそマネーの本質

円やドルは「信用」で成り立っているというのは、どういうことでしょうか。

考えてみれば、紙の「一万円札」をつくる原価は20円ほどにすぎません。銀行に預金してある1万円や電子マネーの1万円はただのデジタルデータなので、コストはほとんどゼロです。にもかかわらず、1万円がマネーとして通用するのは、誰もが「1万円の価値がある」と信じているからです。

そうした「信用」を支えているのは、国に対する信頼です。そのため、国の将来に不安を感じる人が増えると、円やドルの価値は下がっていきます。その結果、かつて1万円で買えたものが、1万1000円出さないと買えなくなったりします。通貨の価値がそれだけ下がったわけです。

戦争に負けたり、内戦で無政府状態に陥ったりして国の信用が完全に失われると、その国の通貨の価値は暴落します。

1年前に1000円で買えたお米が、1カ月前には1万円出さないと買えなくなり(モノの値段が10倍=円の価値が10分の1)、1週間前には10万円出さないと買えなくなり(モノの値段が100倍=円の価値が100分の1)、今日は50万円で取引されている(モノの値段が500倍=円の価値が500分の1)とすると、お金をいくら刷っても間に合いません。

これがハイパーインフレ(物価の暴騰=通貨価値の暴落)と呼ばれる現象です。


誰も偽造・改変できない

では、ビットコインの信用はどこから生まれるのでしょうか。大きく分けると、三つあります。

一つは、「誰も偽造・改変できない(はず)」という信用です。中央集権的な組織を持たないビットコインの場合、みんなの「信用」を支えているのは、国や、その国の通貨を発行している中央銀行ではありません。

「全員が過去の取引記録を相互認証する仕組み」があって、誰もそれを偽造したり、過去にさかのぼって改変したりすることはできないと信じているから、そこに信用が生まれるわけです。

逆にいうと、誰かが後から手を加えて改変できるとわかった瞬間、価値が暴落する可能性があります。ビットコインではありませんが、他の仮想通貨では現実にそういう問題が起きていて、大問題になっています(今後の連載で解説)。


特定の国や企業の思惑に左右されない

二つめは、「特定の国や企業の思惑に左右されない」という信用です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

本記事は、書籍『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』(ディスカヴァー刊)の内容を一部抜粋、編集して掲載しています。

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

大塚 雄介
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2017-03-24

この連載について

初回を読む
いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

大塚 雄介

cakes読者のみなさん、はじめまして。大塚雄介です。ふだんは、仮想通貨交換取引所「coincheck」や、ビットコイン決済サービス「coincheck payment」を運営しています。ところで、最近ネットなどのニュースでビットコイ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hrtsghr0228 https://t.co/KQXeW8iLMn 2年弱前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 2年弱前 replyretweetfavorite