ほくほく、カリッとおいしいじゃがいものスープ

今回は、いまが旬のじゃがいもを、家でも簡単につくれるフライドポテトにします。そのまま食べてもおいしいのですが、ここにだし汁を注げば、熱々でコクのあるスープに。
スープ作家の有賀薫さんによる、旬の野菜をたっぷり食べるベーシック・スープのレッスンです。

おいしいじゃがいもを、スープにアレンジ!

今回のスープに使う野菜はじゃがいもだけ。量もそんなに多くありませんし、スープ自体もだしをかけただけのシンプルなものです。けれど、角切りのフライドポテトでスープにもコクがつき、食べごたえが出ます。

フライドポテトといっても、じゃがいもを小さく切るので火の通りもよく、使う油も少量におさえられます。じゃがいもの風味がより際立つ、楽しい食べ心地のスープです。ちょっと小腹がすいた時にもよいものです。

食卓の準備をしてしまってから、じゃがいもを揚げましょう。食べる直前にじゃがいもにだし汁を注げば、カリッとした食感の楽しさと、それがスープでふやけた美味しさ、どちらも楽しんでいただけます。


じゃがいもクルトンのスープ

材料(2人分) 所要時間約10分

じゃがいも 大1個(約200g)
かつおぶし 1袋
塩 小さじ1/2
サラダオイル 適量(カップ1=200mLほど)
熱湯 300mL

作り方
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

スープ・レッスンが本になりました! 好評発売中です!

スープ・レッスン

有賀 薫
プレジデント社
2018-09-27

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

鍋ひとつ皿一枚で作って食べられる、簡単で失敗しにくく作り置きがきく、朝や夜遅くに食べても体に負担がかかりにくい……作る、食べる、両面において楽なスープは、忙しくて充実した食事がとれないと悩む人にぴったりの料理です。旬の野菜をたっぷり食...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kaorun6 昨日は、遅い時間までライブにお付き合いくださってありがとうございました!途中切れちゃうというアクシデントがあり、じゃがいも2回揚げたので、食べ切れず残ってしまいました。と、いうことでリメイク。このレシピの変形版です。 https://t.co/sBtQ8vn3RG 6ヶ月前 replyretweetfavorite

chametetsu 久々につくったらやっぱりおいしい #スープ365 3年弱前 replyretweetfavorite

kaorun6 そしてじゃがいもクルトンの詳しい作り方はこちら。もう有料になっちゃってるけど。 https://t.co/sBtQ8v5t08 約3年前 replyretweetfavorite

philipresso ・レッスン|有賀薫|cakes(ケイクス) 明日作る!(自分メモ) https://t.co/FgosTWWB9R 約3年前 replyretweetfavorite