大便はジャスミンの香りがするってホント? モーツァルトとウンコ話

モーツァルトが従妹のマリア・アンナへ宛てた手紙には「おお、ウンコ! ああ、なんて甘い言葉だ」「あなたの鼻にウンコをします」という記述があり、26歳のときに作曲したカノンK231には「ぼくの尻を舐なめてよ」という題がつけられている……というのは有名な話ですが、大便は古来より人を惹きつけてきました。医療小説家・久坂部羊さんが、まずは膵臓を通って、我々の日常を支配する直腸の仕組みを紐解いていきます!

沈黙の臓器 膵臓

膵臓は病気になっても自覚症状が出にくく、CTスキャンや超音波検査などでも異常が見つかりにくいので、「沈黙の臓器」とよばれています(肝臓もときにそうよばれますが、肝臓は血液検査などに異常が出やすく、画像診断でも変化がよくわかるので、検査的には「おしゃべりな臓器」です)。

膵臓は十二指腸に囲まれた頭部と、そこから身体の左側へ伸びる体部と尾部に分かれ、全体としては尾を引いて飛ぶヒトダマみたいな形をしています。

膵臓が分泌する膵液は、強力な消化液で、自分自身を消化しないために、膵臓の中では前駆体として存在します。それが十二指腸に分泌され、胃液や小腸の酵素と反応して、はじめて作用を発揮するのです。

膵液が、どれほど強い消化力を発揮するのか。私はそれを外科の研修医のとき、急性膵炎の患者の手術に立ち会って、目の当たりにしました。膵臓はドロドロに溶けて、洩れ出した膵液が「腸間膜」の脂肪を消化し、粒状のセッケンに変えていたのです(「ケン化作用」=脂肪とアルカリが反応してセッケンになること)。泡こそ立っていませんでしたが、通常は黄色い脂肪が、白いチーズのようになっていて、思わず目を背けたくなる凄まじさでした(患者は間もなく死亡しました)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

モーツァルトは耳がヘン? おしりが好き? 謎がいっぱいの医学の世界へ!

この連載について

初回を読む
カラダはすごい! モーツァルトとレクター博士の医学講座

久坂部 羊

ようこそ、ミステリアスな医療の世界へ――。本講座では、モーツァルト、レクター博士、手塚治虫、ドストエフスキー、芥川龍之介、ゴッホ、デビットボウイなど、文学や映画、芸術を切り口に人体の不思議を紐解いてゆきます。脳ミソを喰われても痛くない...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 約1年前 replyretweetfavorite

suerene1 https://t.co/DBdqPMD4rp 約1年前 replyretweetfavorite

gyo_q10 出典はこちらです https://t.co/DIXL5llIHN 約1年前 replyretweetfavorite

tomshirai 逆に毎日排便があると、それだけ肛門を使う回数も増え、肛門の耐用年数が短くなります。 え?! 約1年前 replyretweetfavorite