エミネムのフリースタイル・ラップによる勇敢なトランプ批判

10月10日に公開したアメリカの人気ラッパー、エミネムのフリースタイル・ラップが話題です。これまでも多くの著名人がトランプを批判してきましたが、なぜ今、彼のメッセージが、大きな話題になるのでしょうか。
アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが、エミネムの歌詞を翻訳しながらその果敢なメッセージを読み解きます。

10月10日、「BETヒップホップアワード」の場でエミネムが公開したトランプ大統領を激しく批判するラップのビデオが話題になっている。

これまで多くの有名人がトランプ批判をしてきたが、エミネムのフリースタイルが注目されたのは、彼のファンとトランプの支持層が重なるからだ。

歌詞の全体はここで読めるが、5分間にぎっしり詰まった内容の一部を解説しよう。それを知ってからビデオを観ると、エミネムのボディランゲージが理解しやすくなるかもしれない。

エミネムの全方位的なトランプ批判

この5日前の10月5日、軍隊の司令官らとのミーティングを行ったトランプ大統領は、「嵐の前の静けさ」(calm before the storm)と表現した。その意味を問われたトランプが「そのうちわかる」(You’ll find out)と謎めいた返答をしたため、アメリカだけでなく世界中に「トランプは北朝鮮と核戦争を始めるつもりではないか」という不安が広まった。

エミネムが10月6日に録画したフリースタイル・ラップの「ザ・ストーム」では、デトロイトの駐車場で静かに並ぶ仲間から外れて歩き出したエミネムが「ここにあるのがまさに嵐の前の静けさだ(It's the calm before the storm right here)」と始める。それは先のトランプの発言から来ているのだ。

まずはタイトルになっている問題について、衝動的で無責任なトランプが大統領の座についていることを憤った。

「いまホワイトハウスにいるのは核によるホロコースト(大虐殺)を起こしかねないカミカゼだ」
(what we got in office now's a kamikaze/ That'll probably cause a nuclear holocaust)

「(自分が引き起こした)大騒ぎの間、自分にとって都合がわるいことが静まるのを待つ。自分は爆撃が止まるまで飛行機で飛び回るだけ」
(And while the drama pops / And he waits for s**t to quiet down, he'll just gas his plane up and fly around 'til the bombing stops)

そして、トランプに他者への思いやりも、ガッツ(エミネムの表現はもっと露骨な部分)もないことを批判し、こう揶揄する。

「特技は人種差別だけ」
(Racism's the only thing he's fantastic for)

次のネタは、トランプの異常ともいえる最近のNFL(全米プロフットボールリーグ)批判についてだ。

アメリカでは試合の開始の際に国歌斉唱があり、参加者は起立して国旗に敬意を示す慣わしがある。だが、警察による黒人に対する暴力が続いた昨年、人種差別と暴力への抗議として「サンフランシスコ49ers」のクォーターバックだったコリン・キャパニック選手が国歌斉唱のときに起床せずひざまずいた。
共感する黒人選手たちがそれに続いて抗議するようになったのに対し、トランプは「NFLのオーナーらは抗議する選手を首にしろ」とスピーチしただけでなく、今でも連日のようにツイッターでNFLとオーナーたちを攻撃している。

エミネムはそれについてこうラップする。

「だが、これは注意を逸らす奴のやり方だ。それに、大ウケもするのだから。NFLを攻撃しているのも、国民がプエルトリコの災害やネバダの乱射事件に対する銃規制案といったことを議論するかわりに、そっちに集中するからだ。これらの悲惨な災害や事件が起きているというのに、奴は退屈して、(プロフットボールチームの)パッカーズをツイッターで嵐のように口撃するほうを選ぶ」
(But this is his form of distraction/ Plus, he gets an enormous reaction/ When he attacks the NFL so we focus on that/ Instead of talking Puerto Rico or gun reform for Nevada/ All these horrible tragedies and he's bored and would rather/ Cause a Twitter storm with the Packers)

税制改革についても批判する。

「税金を引き下げたいと言うが、じゃあ誰が奴の豪華な旅行代を支払うんだ? ゴルフリゾートと豪邸を家族と一緒に行き来する奴の旅行費を?」
(Then says he wants to lower our taxes/ Then who's gonna pay for his extravagant trips/ Back and forth with his fam to his golf resorts and his mansions?)

だが、エミネムのトランプへの最大の批判は「人種差別」だ。

かつて南部で黒人をリンチして殺害した白人至上主義団体KKKのように松明を掲げて行進をし、イラク戦争で戦った黒人兵士に向かって「アフリカに帰れ」と言うような白人至上主義者を擁護するトランプのことを、エミネムはこう呼ぶ。

「人種差別者の94歳のジジイ」
(racist 94-year-old grandpa)

94歳はむろん誇張だが、トランプが「老害」だということを強調したいのだろう。

そして、黒人を奴隷にしたこの国の醜い歴史を無視しておきながら、国歌斉唱の際に起立しない黒人選手のことを「甘やかされている」と非難するトランプの愚かさを指摘する。

重なる支持層に対して突きつけた明快なNO

このフリースタイルの最も重要な部分は最後のここだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Ushigen 某漫才家もこの境地に達するよう、研鑽を積んで頂ければ幸いです。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

nemurimaria https://t.co/pAle2DJETN 12ヶ月前 replyretweetfavorite

KinyaFUTTONG かっこいいわね。 https://t.co/OmlSFP8brY 約1年前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 約1年前 replyretweetfavorite