お酒が奪ったものは”昨夜の記憶”だけじゃありませんでした。

「飲みすぎないで」と何度訴えても聞く耳を持たず、毎週末、酔いつぶれる父。

父はおろか、まわりの大人たちからも
「大人はみんなこんなもの」「わかってないのはマリちゃんのほう」
こんな言葉をかけられて育った真理子さん。

次第に、本当の心に鍵をかけてしまうようになりますが…。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

お酒で家族が壊れる前に。衝撃のノンフィクションエッセイ!

この連載について

初回を読む
酔うと化け物になる父がつらい

菊池真理子

毎日のように飲みあるき、週末のたびに記憶をなくしていた父。だけど、近所では「おもしろい人」として人気者でした。「飲みすぎないでね」という娘の願いを聞くことはなかった父。あなたにとって大事なものって、なんですか?アルコールと家族の関係を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Nuwa_150 ああなんかわかる、親が好きじゃなくて、自分も親に好かれてないってなると自分のことがちっとも好きじゃなくなって、子供を持つとか想像が上手くできなくなるの非常によくわかって心苦しくなるねこれは https://t.co/Q4EnYA3o1w 10ヶ月前 replyretweetfavorite

1n_n1_wan 「わたしは歪んでる…」のとこわかる ACじゃないけど 10ヶ月前 replyretweetfavorite

moxcha 父もアレだけど、その周りの大人もアレだなぁ…。現代ならもう少し助けを求める先はあるのだろうか…。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

halophilia #スマートニュース 10ヶ月前 replyretweetfavorite