兼松佳宏(「greenz.jp」編集長)→中原慎一郎(ランドスケーププロダクツ代表) Vol.1「日本の未来は素敵だと思いますか?」

今回インタビュアーとして登場するのは、「あなたの暮らしと世界を変えるグッドアイデア」を紹介するウェブマガジン「greenz.jp」編集長の兼松佳宏さん。その兼松さんがインタビュー相手として選んでくれたのは、インテリアショップ「Playmountain」や、喫茶店「Tas Yard」などを運営し、住宅や店舗、オフィスなどのデザインも手がける「ランドスケーププロダクツ」の代表、中原慎一郎さん。近年は故郷・鹿児島でも精力的に活動し、異色の鹿児島ガイド本「ぼくの鹿児島案内」などの出版も手がけている中原さんに、兼松さんが聞いてみたいこととは?

日本の未来は素敵だと思いますか?

Q. 「greenz.jp」をスタートした2006年頃は、社会起業家のような人たちは、ちょっと変わり者のように扱われていたところがあったんですね。でも、最近は憧れの職業になりつつあるように感じています。彼らが向き合っているのは、政治や環境といった大きな問題だけではなくて、それぞれの身近なところにある自分にとっての問題で、『こういう世界になったら良いよね』ということを思い描きながら活動をしている人が多い。ソーシャルメディアの普及もあり、小さな活動が共感の輪に乗ってどんどん広がっていきます。僕にとってはこれこそ新しい時代の芽であり、大きな希望を感じています。一方で、マスメディアでは日本の未来に対して悲観的な論調も多いですよね。そこでまず、「日本の未来についてどう思いますか?」ということから伺いたいと思っています。

中原:将来に関しては、基本楽観的なので(笑)、良くなるだろうとしか思っていないというか、そう思って色んな活動をしています。社会全体がどこまで良くなるのかはわからないし、同時にすべてが良くなっていくというのはなかなか難しいと思うので、まずは自分の身近なところから良くしていけば、それが連鎖していくんじゃないかという考え方ですね。現時点で言うと、僕にとってはそれが南九州の話になるので、東京からではなく、南の方から、日本全国どこでも取り入れられるようなことを提案していきたいなと思っています。とにかく僕は、自分の周りを楽しくすることがスゴく好きなんですよ。もちろん、楽しくするために苦労もするんですけど、それ自体も楽しくできるようなデザインをしようと心がけています。

Q. 「日本=自分の周り」ということですね。スゴく共感します。素晴らしいなと思うのは、プレイマウンテンから始まり、Tas YardやCHIGO、最近では鹿児島での動きなど、中原さんのプロジェクトに関わった若い世代がどんどん巣立ち、コミュニティが広がっているところです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
いま、僕たちが話を聞きたい人

カンバセーションズ

インタビュアーという存在にスポットを当てるこれまでにないインタビューサイト「QONVERSATIONS(カンバセーションズ)」。毎回異なるクリエイターや文化人がインタビュアーとなり、彼らが「いま、本当に話を聞きたい人」にインタビューを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード