あなたの職場には“休む権利を認め合う”という発想が足りない

「よりよい睡眠を取るための活動=眠活」によって、脳と体をリフレッシュさせれば、「集中力」「生産性」は大幅に改善します。好評発売中の書籍『仕事が冴える「眠活法」』より、忙しい人でもムリなく行える「眠活」を紹介! 今回は「日本」と「海外」の睡眠事情を比較していきます。

現代の日本人のほとんどが睡眠不足

これだけ睡眠が重要であることがわかっているのに、日本ではほとんどの人が睡眠不足の悩みを抱えているという残念な状況となっています。

2015年の「国民健康・栄養調査報告」(厚生労働省)では、1日の平均睡眠時間が6時間未満の割合が約4割と、2003年の睡眠に関する調査開始以降、もっとも高い割合になってしまっています。

日本全体が夜ふかしになっていて、それを示すように、午前1時を25時などと表現する人もいます。

25時という響きからは、午前1時は1日の始まりではなく、前日の夜がまだ終わっていないというイメージを受けます。深夜に活動している人が増えているということでしょう。

24時間オープンしているコンビニエンスストアがいたるところにありますし、都市部には終電が午前0時以降の路線もあり、朝まで開いている飲食店もたくさんあります。終電に乗り遅れて朝まで飲んだ経験がある人もいるのではないでしょうか。

実は、世界的に見ても日本人は特に睡眠時間が短いといわれています。

下の表は全米睡眠財団が行なった睡眠に関する調査結果です。

この団体は、年代別にどれくらいの睡眠を取っているのか、睡眠時間がどれくらいだと日中の活動のパフォーマンスがいいのかなど、さまざまなデータをまとめています。

掲載している表は、全米睡眠財団が推奨する睡眠時間をまとめたものですが、日本人が見たらびっくりするような数字です。中高生は8〜10時間ぐらい、大人(18歳以上)でも7〜9時間の睡眠を推奨しているのです。

これは、現代の日本人、特に都市部で働いている人にとっては、現実的ではない数字のように感じます。

通勤に時間を取られる都市部では深夜に帰宅して午前1時頃に寝ている人が少なくありません。

ましてや子育て世代の共働き夫婦などは、家事や育児でさらに睡眠時間を削ってしまっています。

しかし、これほどまでの睡眠時間を確保するのが難しい場合でも、せめて6〜7時間ぐらいは眠るようにしてほしいと思います。

「子どもの夜ふかし」は親の責任

下のグラフは睡眠のサプリメントを販売している味の素が2010年に発表したデータです。世界の5都市における30代〜50代の男女の平均睡眠時間を調査しています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

記事の続きがすぐに読みたい方は、こちらの本で!

この連載について

初回を読む
仕事が冴える「眠活法」

中村真樹

「朝起きるのがつらい…」「昼食を食べた後の眠気が…」「疲れているのに眠れない…」そんな睡眠の悩みをすっきり解消させる方法を、睡眠専門クリニックの院長を務める中村真樹先生が紹介! 気軽にできるのに、効果抜群。仕事の生産性を上げる「睡眠の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 約2年前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 約2年前 replyretweetfavorite

bosuclean 「自分が休む権利を主張するなら、相手にも休む権利を認めないといけない」ほんとコレな。あれば便利なものは実際なくても困らない。 約2年前 replyretweetfavorite