おおきなかぶ」は、どうにも解せない話である

10月に入り、少しずつ寒くなってきました。金田さんの菜園では、この季節にとれる野菜はあまり多くないそうです。そんな中、収穫を待ち遠しにしているのが、カブ。9月にタネまきをして以来、すくすくと育っています。ただ、イメージしていた生え方とはずいぶんと違っていたようで……。いったいカブはどんな生え方をしているのでしょうか。

ダイコンとカブが食べないなぁ

祭囃子が響いてくる。近くの神社の秋祭りだ。

以前は有名で大きな祭りがいいと思っていたが、畑を始めてからは、観光客など一人も来ない、集落の鎮守の祭りが心にしみる。

「秋祭りって、収穫を感謝する祭りなんだねぇ」

畑近くの田んぼは稲刈りの真っ最中。道の端には野菊が咲き、木々には山帰来(さんきらい)がぶらさがる。その実が赤く色づくのもまもなくだろう。

「そうだよ。知らなかったの?」と夫があきれてこたえる。

知っていたけど、実感がなかったんだ。農業が身近になかったから。


笛や太鼓に合わせて、コオロギが合唱。秋の畑が大好きです。


10月も半ばを過ぎると、私が畑に植えた菊の花も咲き出します。

収穫祭の季節とはいえ10月の初めでは、コメはとれても、菜園でとれる野菜はさほど多くない。

早めに掘ったサトイモと、まだまだ元気なピーマンやナス、相変わらず苦いゴーヤに、カゴいっぱいとれる秋ミョウガ。ワサワサしげるクウシンサイとツルムラサキくらいだ。

梅酢に漬けるためのシソの実を摘みながら、思わずつぶやく。

「早くダイコン食べたいな~」

「食べたいね~。ダイコン煮たの、食べたいね~」

夫がうっとりした声でこたえる。

「カブも食べたいな~」

「食べたいね~。カブのお漬物、食べたいね~」

畑を始めてから我が家では、その時期に露地で育たない野菜は食べなくなった。

9月にタネまきしたダイコンとカブは、間引きを終え、選ばれた苗がすくすくと育っているところだ。久しぶりの味が待ち遠しい。

カブの生き様

カブは、育てて初めて生え方を知り、仰天した野菜の一つだ。

むろんカブは土に生える。それはそうなのだが、その生え方がみょうなのだ。土から8~9割飛び出た姿で生えるのである。


パンツをはかずに外に立っているみたいに無防備です。

最初はひどく戸惑った。

「土寄せを忘れたせいだよ」

夫に責められ、出ているカブに土をかけて埋めたくらいだ。

しかしカブは、「余計なお世話」といわんばかりに、翌年も自らパンツを脱いだ。

いつだったか、テレビのドラマで、俳優さんが庭先の畑のカブを抜くシーンを見たことがある。

カブは土にほとんど埋まり、葉は地につくほどしおれている。撮影用のセットの畑に、お店で買ってきたカブを埋めたのだろうから、そこは目をつむろう。

ただどうしても許せなかったのが、カブの抜き方だった。俳優さんは、わざわざ「力をこめています」という演技をして、カブを抜いたのだ。

「おかしいだろ、それ。そんなカブないぞ!」

思わずテレビに向かってツッコミを入れてしまった。

カブを抜くのに力などいらない。腕力のない私でも、片手で4~5本束にしてすっと抜ける。土から飛び出して生えているわけだから、なんの抵抗もなく抜けてしまうのだ。

土から現れた根はとても細くて、上部と比べると不釣り合いなほど貧相だ。

「よくこんな根で、雨にも負けず風にも負けず立っていられるもんだね」と、かえって感心してしまう。

カブは、根菜だといわれているが、白くて丸い部分は根ではない。葉のつけ根が肥大化したものだ。根は、その下にのびる細くて長い部分で、市販のカブには、取れてしまうのか取ってしまうのか、ついていないことが多い。


細くて長い部分がカブの根っこです。

そんなカブの生き様を知って、私はあの物語に大いに疑問をもつようになった。巨大なカブを大勢で抜こうとする「おおきなかぶ」である。

土に埋まって抜けない野菜なら、ゴボウとかナガイモでよさそうなのに、なぜカブなのだ?

おまけに、絵本を見ると、どれもこれも、8~9割土に埋まったカブが描かれている。菜園家として納得がいかない。

日本で大きなカブといえば、京野菜の「聖護院かぶ」だが、それだって土に埋まっている比率は少ないし、すんなり抜けるのだから。


一番下が、聖護院かぶです。土のついているところが、埋まっていた部分です。
ちなみに、上の2つがダイコンで、京都の「聖護院大根」と神奈川の「三浦大根」。
下の2つがカブで、「あやめ雪」と「聖護院かぶ」。私が好きで、毎年育てている品種です。

大きなカブは黄色い!?

ところがある日、謎は突然解けた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シロウト夫婦のズボラ菜園記

金田 妙

毎日、採れたての新鮮な野菜が食卓にのぼる。そんな生活に憧れる人は多いのではないでしょうか。自分で野菜を作れればよいけれど、畑はないし、仕事は忙しいし、週末は遊びたいし…。それでも、思いきって家庭菜園の世界に飛びこんでみたら、おもしろい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tuna0729 https://t.co/IsTusAJ3Dx おおきなかぶ、納得!( ´∀`)! 1年以上前 replyretweetfavorite

kurou_77  ◆日本のカブは小ぶりでスッっと抜ける、チカラはいらない。 1年以上前 replyretweetfavorite

suerene1 なるほど、あれは日本でおなじみの白いかぶの巨大なものではなかったんだ~。 → 「 おおきなかぶ」は、どうにも解せない話である https://t.co/H6K5PTIHGP 1年以上前 replyretweetfavorite

granat_san そうだったのか!! 蕪を抜いたことがなかったから知らなかった事実。 1年以上前 replyretweetfavorite