眠れない夜には小川洋子。静かな大人の恋愛小説を読みたい人へ

京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」と思う名著を選んでみた。14作目は、小川洋子の『やさしい訴え』。眠れない夜には小川洋子。遠くの人々を見つめているような、目覚めたらすべて忘れてしまいそうな、だけどそこにちゃんと実在している世界。『人生を狂わす名著50』より特別連載。作家、有川浩も推薦! →公開は毎週木・金です。

静かに感情の波に飲み込まれたいあなたへ

『やさしい訴え』小川洋子
(文藝春秋)初出1996

芸術 VS 恋愛

眠れない夜には小川洋子。小説独特の「艶」というものを知る、静謐で美しい恋愛小説。#恋愛小説 #芥川賞受賞作家 #本屋大賞も受賞している #外国映画のような作品 #森の中で現実から遊離した愛 #チェンバロをめぐる物語 #実際にチェンバロの曲を聴きながら読むのもいいね #三角関係 #文章が静謐 #大人の恋愛小説が読みたいときに


拝啓 小川洋子様

こんにちは、初めてお手紙差し上げます。
ずっとお話を読んできた先生へこうして直接文章を書くのは、なんだか変な気分です。
さて、わたしは小川先生にお礼を申し上げたくて、こうして筆をとっています。

先生には、いつもお世話になっています。本当にありがとうございます。
どうお世話になっているかと言いますと……わたしは先生の小説を読むと、よく、眠れるのです。
あ、「よく眠れる」というのは、決して「眠くなる」という意味ではありません。
そうではなくて、先生の本を読んだあとは、すっと眠れるようになるのです。
なぜか、心がことんと落ち着くのです。

心が沸騰していてどうにもこうにも寝つきがよくないとき、眠りたいけどなんだか目がさめて眠ってしまえないとき、わたしはいつも小川先生の小説を読みます。
短編、長編、随筆、アトランダムに。
本棚を眺め、目が合った本を読みます。
『海』『とにかく散歩いたしましょう』『シュガータイム』『猫を抱いて象と泳ぐ』『妖精が舞い下りる夜』……題名をこうして並べただけで、今も、心のどこかがほっとします。
ベッドの中に本を持ち込み、先生の文章とか世界に触れるだけで、すっと落ち着いて、凪いで、読み終わったあとに部屋の電気を消すと、いつのまにか眠れているのです。
この作用は何だろう、とたまに考えるのですが……小川洋子先生の描かれる世界が、どこかわたしが夜に見る「夢」のテンションに似ているからかなぁ、と思っています。
自分が主人公だったりまなざす主体だったりするのだけど、遠くの人々を見つめているような、目覚めたらすべて忘れてしまいそうな、だけどそこにちゃんと実在している世界。
先生の小説は、夢の世界によく似ています。だからきっと体が「眠る」状態に落ち着くんです。

そんなわけで、眠れない夜には小川洋子先生、とわたしの中では決まっています。
いくつもの眠れない夜を助けてくださって、本当にありがとうございました。

さて……小川先生の本はどれも大好きなのですが、『やさしい訴え』は、ほかにはない感情を訴えてきて、とくに、好きです。すこし感想を話させてください。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

作家、有川浩も推薦! 知らない本が知れる。知っている本は、もっとおもしろくなるブックガイドです。

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

choku70 [MM読了] やさしい訴え (文春文庫) https://t.co/ErzSGDOaf3 三宅香帆 京大院生が選んだ「人生を狂わす」名著50|… 1年以上前 replyretweetfavorite