日本文学史上最もエロくて変態だったのは、あの川端康成。

京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」と思う名著を選んでみた。11作目は、川端康成の『眠れる美女』。ふつうに日常生活を送っていれば気づかないですむ欲望。死とか性とか、「深い闇の底のあやしい明り」に、川端康成の美しすぎる文章に誘われると気づいてしまう。『人生を狂わす名著50』より特別連載。作家、有川浩も推薦! →公開は毎週木・金です。

自分の変態度をグレードアップしたいあなたへ

『眠れる美女』川端康成
(プチグラパブリッシング)初出1961

常識的フェチシズム VS 狂気的フェチシズム

日本屈指の変態作家といえば川端康成でしょ! ノーベル賞作家の描く美少女の官能っぷりは最高です。#戦後の日本文学 #ノーベル文学賞受賞作家 #中編小説 #美少女が出てくる小説が好きな人には絶対読んでほしい #川端康成って日本の小説家の中でいちばん変態だと思う #老人がひたすら眠る女の子と添い寝 #デカダンス文学とも言われるやつ #変態になりたいときに読もう


 美人には、眠っていてほしい。
 眠れる森の美女—そんな題名の童話もありますが、眠っている美少女、というのはどうにもこうにも魅力的です。
夜への誘惑を掻き立てられるからなのか、起きている時間への妄想が膨らむからなのか、あるいは何をしても怒られないからなのか、その理由は様々でしょうが。
 たぶん、ある男たちにとって「眠る美少女」は究極のフェチシズムなんですよね。
 美しい彼女が起きて自分に笑いかけるよりも、ずっとずっと魅惑的で官能的で美しい姿—それが「眠る美少女」。
 川端康成の『眠れる美女』という小説は、「眠る美少女」への偏愛つまりフェチシズムをものすごーくエロティックに、美しく、そして妖しく描いています。読んでいると女の私でもふはぁ、とため息をついてしまうくらい、フェチというものへの狂気を感じる。
 偏愛とはすなわち狂気です。本当に。

いや、「慣れているのかな」じゃないやろじいさんっ、
とツッコミを入れたい文章・・・なのに・・・

 小説の舞台は、海の近くに建っている宿。そこは薬で眠っている裸の女の子と添い寝をすることができる、秘密の娼館。やって来た客はこう言われるのです。
「たちの悪いいたずらはなさないで下さいませよ、眠っている女の子の口に指を入れようとなさったりすることもいけませんよ」……つまり眠る彼女たちにすこしくらい触ってもいいけど、本番は禁止ってこと。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

作家、有川浩も推薦! 知らない本が知れる。知っている本は、もっとおもしろくなるブックガイドです。

この連載について

初回を読む
京大院生が選んだ「人生を狂わす」名著50

三宅香帆

京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」 と思う本を選んでみた。2016年「はてなブックマーク数年間第2位」となり大きな話題を呼んだ記事を元ネタに、現役の京大院生で、天狼院書店で働く文学マニアの23歳が、「世界...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hotooriboshi 少し共感する自分に気付いて変態度をグレードアップ 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

ikb こんな薦めかたされたら、そりゃもう読まずにはおられんでしょう……: 2ヶ月前 replyretweetfavorite

matsukitakafumi 川端康成「眠れる美女」かな?と思ってリンク開いたら、やっぱりそうだった。異論なし。 https://t.co/Wk4yhuk3sn 2ヶ月前 replyretweetfavorite