天才精神科医の殺人鬼、レクター博士が残した謎のメッセージとは?

トマス・ハリスの小説『羊たちの沈黙』で、天才精神科医の殺人鬼・レクター博士は、FBIから連続殺人鬼バッファロウ・ビルの情報を求められ、犯人の名前を「ビリー・ルービン」と答えました。実は大便をつくる要素のひとつは「ビリルビン」という物質。ビリルビンの働きを紐解くことで、博士が残した皮肉なメッセージをより味わい深く楽しむことができるかも? 医療小説の奇才・久坂部羊さんが身体のヒミツを語りつくします!

巨大な化学工場 肝臓

肝臓は腹部で最大の臓器(重さ約1・0~1・5㎏)で、化学工場のような役割を果たしています。代謝、解毒、貯蔵、アルブミンの合成、アルコールの分解、胆汁の分泌などを行い、機能が低下すれば死につながる重要な臓器です。

肝臓は肝細胞のかたまりですが、内部に「胆管」という細い管が張り巡らされています。それが徐々に集まって太くなり、最後に「総胆管」という薬指ほどの管になって、十二指腸につながっています。その出口が前述のファーター乳頭です。

一般に、内臓には年齢が表れにくく、胃や腸は若い人も高齢者もまず見分けがつきませんが、肝臓には年齢的な変化が表れます。若い人の肝臓は、エッジ(縁)がシャープで、鮮やかな茶紅色をしていますが、年齢とともに丸みを帯び、色もくすんで灰色がかってきます。高齢者の手術のとき、エッジが丸く垂れ気味になっている肝臓など見ると、思わず、長い間ご苦労さんと声をかけたくなります。

ちなみに、動物の肝臓は食用になりますが、人間の肝臓も味は変わらないと思います。食べたことはありませんが、電気メスで焼いたときのにおいは、焼き肉店で嗅ぐのと同じですから。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

うんこはどうして茶色いの? マリリンモンローの謎の手術痕って? 謎がいっぱいの医療の世界へようこそ!

この連載について

初回を読む
カラダはすごい! モーツァルトとレクター博士の医学講座

久坂部 羊

ようこそ、ミステリアスな医療の世界へ――。本講座では、モーツァルト、レクター博士、手塚治虫、ドストエフスキー、芥川龍之介、ゴッホ、デビットボウイなど、文学や映画、芸術を切り口に人体の不思議を紐解いてゆきます。脳ミソを喰われても痛くない...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません