光一からエレンへと、気持ちが切り替わる1年半だった」左ききのエレン|あとがき

著名なクリエイターをはじめ、多くの読者から大絶賛だった漫画「左ききのエレン」。「少年ジャンプ+」でのリメイク版の公開を明日に控えた今日、本編のあとがきとして、著者・かっぴーさんのインタビューをお届けします。取材場所は、本作でも印象的な場面が描かれたヨコハマ創造都市センター(旧bankART1929)前。最終話の公開から24時間後、1年半の連載を終えたかっぴーさんに心情を伺いました。聞き手は、かっぴーさんの友人でもある、ライターのカツセマサヒコさんです。(後編はこちら

「バトンを渡す相手が見えたから、そこまで全力疾走しなきゃって」

カツセマサヒコ(以下、カツセ) まずは、左ききのエレン、連載お疲れ様でした!

かっぴー ありがとうございます。終わったなあ……。

カツセ 昨日は最終話の公開直後から、SNSの反響がすごかったですね。「かっぴー」も「左ききのエレン」も、一日中トレンド入りしていました。

かっぴー うん、ずっと見ていました。ちょっと落ち着いてから、今日の取材のために美容室に行ったけど(笑)。

カツセ それなのに、ニット帽被ってきちゃったんですか?

かっぴー 朝起きたら、なんか気に入らなくって(笑)。

カツセ あえてざっくりとした質問をさせてください。終わってみて、いかがですか?

かっぴー 終わったなあ、という感覚があったのは、最終話のネームができたときなんですよね。公開の数週間前にはネームが完成していたから、「終わった」というより「終わってた」って感じかなあ……。

カツセ 達成感は、大きかった?

かっぴー エレンと光一が再会した時点でもう、達成感のピークは来ていたんですよね。「ふたりが再会したら、この物語は終わるんだ」って、頭の中でずっと思っていたから。


61話の再会シーン。ここが、かっぴーさんの中でのクライマックスだった。

カツセ 最終話公開後のSNSのリアクションは、どんな気持ちで見ていたんですか?

かっぴー 最終話はさすがに感慨深かったんですけど、ストーリーの後半は、そこまで読者のリアクションを気にしていませんでした。

カツセ それは、作品を終わらせることに専念していたから?

かっぴー うん。最後はもう描くしかないから、絵をちゃんと描こうと思って。


最終話で、エレンの回顧展が開かれた舞台、ヨコハマ創造都市センター(旧bankART1929)。
実際の建物の様子が、詳細に再現されている。

かっぴー 「少年ジャンプ+」でリメイクすることが決まっていたので、ちゃんと本気で描いてから、次に託さないとって思ったんです。「どうせリメイクされるんだから」と考える人もいるかもしれませんけど、だからこそ本気で描こうと。

カツセ それは、「ジャンプ+」にいい意味でのプレッシャーをかけるため?

かっぴー いや、バトンを渡す相手が見えたから、そこまで全力疾走しなきゃって。

カツセ なるほど。出しきった感覚はありますか?

かっぴー うん、一周目は、これでもうやり切ったと思えています。

左ききのエレンのつくりかた

カツセ 「左ききのエレン」と言えば、クリエイターの群像劇として、時間と場所が行き来するところに読者を引き込む魅力がありますよね。

かっぴー あれは、時系列が論理破綻しないように、登場人物の年表を全てエクセルで管理していました。

カツセ そこまでやっていたんですか!? ファンの方が、「時系列順に並べた」みたいな記事を出していましたもんね。よほど緻密なんだろうなあと。

かっぴー そうそう。論理破綻しないように、現実とすり合わせるのが大変だった。「ここはLINEを使おうか……」と思っても、2010年にはまだLINEがなかったりして。

カツセ 神谷さんがiPhone 3Gを紹介するシーンとか、今となっては当たり前のことを、大予言のように言うじゃないですか。でも、当時はあれが最先端だったんだなあと思い返しました。


40話より、iPhoneによる革命を予言する神谷

かっぴー 細かな設定に関しては、挙げればキリがないほどあるんです。頭の中には30巻分くらいの話がある。でも、それを全て描くんじゃなくて、映画みたいに「どこを摘まむか」を考えていた。ずっと編集作業をしている感覚でした。

カツセ 「あそこの伏線が回収された」と、考察しているファンも多かったけど、それはかっぴーさんが“狙ってやった”というよりは、たまたま“覗き見えた”という感覚に近いのかもしれないですね。

かっぴー うんうん。たとえば、ニューヨーク編の後、ニューヨークに残ったさゆりはアンナキシの契約社員になる。そうやって、カメラが回っていないところにも、キャラクターはそれぞれ裏で動いているんですよね。

カツセ 本当に映画みたいだ。聞けばいくらでも出てきそうですね。

かっぴー うん、いくらでも出てきます。全キャラクターにそれぞれのストーリーがあるので。

読まれなかった時期の葛藤

カツセ 後半では、「少年ジャンプ+」でのリメイクについても伺いますが、まずはcakesで連載を始めたころの初心を思い出せますか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
左ききのエレン

かっぴー

天才になれなかったすべての人へーー。 朝倉光一は、大手広告代理店に勤める駆け出しのデザイナー。いつか有名になることを夢みてがむしゃらに働く毎日だが……。「フェイスブックポリス」で一躍話題になったかっぴーさんが挑戦する、初の長...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jzzy_s 旦那さんから教えてもらった漫画。左ききのエレン。 1年以上前 replyretweetfavorite

escher_ 「光一からエレンへと、気持ちが切り替わる1年半だった」左ききのエレン https://t.co/fQsfYf9cRb 『映画みたいに「どこを摘まむか」を考えていた』ネットマンガだとページ制限がなく、かつ、「自分はここまで考えている… https://t.co/2dh1xZTrqW 1年以上前 replyretweetfavorite

shinichi_ikuta あとで読も。マンガも最終話まで通して読みたい^^ https://t.co/5RLBMJJqA0 https://t.co/mcr0gCw3ZQ 1年以上前 replyretweetfavorite

satou_wakame やっぱり、五輪エンブレム問題がぶっ壊したものは本当にあったんだな。自分だけの錯覚じゃなかったのか…… 1年以上前 replyretweetfavorite