光秀の前歴がまったく出てこない

歴史小説初心者、大歓迎!どうしてこんな奴らが天下を獲れたのか!? 日本史上稀にみる見事な〝退却戦”、金ケ崎の戦い(1570年)。信長(37)→部下全員置き去りで逃亡。秀吉(34)→殿軍(しんがり)に抜擢も思考停止。光秀(55)→経歴不詳。家康(29)→カンケイないのに絶対絶命 !迷走の果て、奇跡の決断。2017年秋、27時間テレビでドラマ化! 「僕の金ヶ崎」(脚本:バカリズム/主演:大杉蓮)原案。



 いくら織田が信長の父、信秀の代でのしあがってきたけっして上品な家格ではないからといって、まったく家格や名とは無関係に、信長自身の評価だけで有能と判断すれば、その前歴がどうあろうと重用するところにあった。

 甲賀出身の牢人(ろうにん)だった滝川一益をはじめとして、美濃・尾張の国境付近で野盗をしていた蜂須賀正勝(これは木下秀吉の寄騎にした)、軍事にはあかるいが人望が絶望的になく、稲葉山城の乗っ取りに成功したものの誰も追随する者がいなくて仕方なく隠居した天才軍師の竹中重治(これも木下秀吉あずかりとした)。

 ここまではまだいいとして、木下秀吉が本当に信長の草履とりをやっていたのは、家康もみていたから知っている。それを奉行あつかいまで引き上げるのもずいぶん乱暴な話ではある。

 だが、それ以上に、信長が明智光秀に全幅の信頼をよせている様子なのが、家康の理解をこえていた。

 とにかく、どこをどう叩いても、明智光秀の前歴がまったく出てこないのだ。

「いかがなされましたか」

 家康がどうこたえるか迷っていると、明智光秀のほうから声をかけてきた。

「いや、ただただ、光秀殿の采配のみごとさに、我をわすれて見とれたのみ」

「過分なお言葉、ありがたく頂戴つかまつる」

「さすがは足利義昭将軍の直参(じきさん)」

 家康の言葉に光秀はすこし、背をまるめて唇に人差し指をあてた。

「おしずかに。身分は足利義昭公の直参ながら、禄(ろく)は織田よりいただいておりまする。なかなか、いろいろ難しい立場ゆえ、ご配慮たまわりたく」

「それは、そうだわな」

 明智光秀は、信長自身の判断でとりたてた家臣(出頭人)としては、もっとも出自が「まし」な部類にはいるといえるか。たとえ傀儡(かいらい)政権だろうが、とにかく武家の棟梁、十五代征夷大将軍・足利義昭の直属の家臣であって、足利義昭の前での家康と光秀との関係は、名目上は同格である。そんな高位の者が、信長の家臣になるのだから、信長としては悪い気はすまい。

 しかも、政治巧者のうえにいくさ巧者である。

「それほど、拙者の前歴が気になりまするか」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

歴史小説初心者、大歓迎!人気武将4人の悪戦苦闘を描く「4人シリーズ」第1弾。

この連載について

初回を読む
金ケ崎の四人 ー信長、秀吉、光秀、家康ー

鈴木輝一郎

戦うだけが、戦(いくさ)ではない。「逃げる」こともまた、戦なのだ。 日本史上稀にみる見事な〝退却戦”、金ケ崎の戦い(1570年)。 信長(37)部下全員置き去りで逃亡。 秀吉(34)殿軍(しんがり)に抜擢も思考停止。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません